お花屋さんにはいつもあるけど、お供え用のイメージが強く、なかなか手に取ることが少ない菊の花。実は、縁起のいい花なんです。9月にある日本行事もあわせてご紹介します。

9月9日は菊の節句

 9月に入ってセミの大合唱もおとなしくなり、夜に鈴虫の声が響くようになりました。

 まだ暑さは残るけれど、秋の気配が日に日に色濃くなる9月。

 あまりメジャーではありませんが、3月3日のひな祭り、5月5日の端午の節句のように、9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」があります。「菊の節句」とも呼ばれている、長寿を願う行事です。

 日本文化の根底にある陰陽五行では、奇数はおめでたい数とされ、陽数と呼びます(偶数は陰数)。「陽」が「重」なるので、「重陽」。

 陽数の中でも一番大きい9が重なるわけですから、お祝いとしても盛大なもの。菊の花や菊にまつわるものをたくさん集め、菊づくしでお祝いします。

色とりどりの小菊と菊の器、和菓子の菊型
色とりどりの小菊と菊の器、和菓子の菊型

菊ってどんな花?

 みなさんは菊というと、どんなイメージがありますか?

 好きな花を聞かれて「菊」と答える方は少数派でしょうか。お供えの花、というイメージが強いかもしれません。

 私も自分で買うことはほとんどなかったのですが、重陽の節句をきっかけに好きになりました。今は種類も増えていて、モダンなものやかわいいものもたくさんあるんですよ。

 菊は中国から伝わり、不老長寿の効果があるとされてきました。

 罪を犯した少年が菊の露を飲んで700年以上生き続けているという「菊慈童」、菊の露がたくさん落ちた川の水を飲んだ住人には長寿が多いという「菊水伝説」など、故事もいろいろです。

大切な人を想って

 「被せ綿(きせわた)」という菊の花に真綿を被せるしつらいがあります。

 節句の前夜の菊の露を含んだ綿で体や顔を拭くと若返ると言われ、古くは宮中で行われていました。源氏物語などにも登場します。

被せ綿をした菊と菊酒、練り切りの和菓子「はさみ菊」
被せ綿をした菊と菊酒、練り切りの和菓子「はさみ菊」

 今年はコロナ禍でなかなか帰省できない方も多いと思います。ご両親や身近な方を想って、重陽の節句を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 お花だけでなく、菊の器や菊のお酒、お菓子、また食用の菊をいただいたり、行事食として栗ご飯を食べるならわしもあります。

 いつまでも元気で長生きしてください、という気持ちを込めて、菊をブーケにしたり、アレンジメントして贈るのも気が利いた大人のプレゼント。

 今年の秋は、菊の魅力を再発見してみませんか?

 (写真:奥村恵子・いとよし)



関連リンク

いとよしさんちの美香さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/09/07 05:00 /article/detail/3410