共働きで子育て真っ最中のryokoさん。自分と家族が快適に過ごせるきれいさをキープする仕組みを作り、実践されています。今回は、大掃除いらずのキッチンにする、毎日のルーティンについて教えてくれました。「使ったら拭く」という習慣のたまもので、20年モノという電子レンジまでもピカピカでびっくりです!

自分と家族が快適に過ごせるように

 寒い日が続きますね。2017年の年末も、我が家は特に大がかりな大掃除はせずに済みました!

 寒いうえに気忙しい年末、大掃除に四苦八苦するのは避けたいですよね。(世界では年末に大掃除をする習慣はほとんどないようですよ!) かといって、気になる汚れがあるのにそのまま新年を迎えるのはいや……。やっぱり新しい年は清々しく整った家にして迎えたい。

 というわけで。年末にバタバタ掃除せずとも、気持ち良く新年を迎えられるように私が取り組んでいる家事サイクルを場所別にご紹介してみようと思います。

 家中いつもチリひとつなくぴっかぴか!なんていう状態ではないですが、自分と家族が快適に過ごせるきれいさをキープする仕組みです。

基本は家事をルーティン化すること

 私が考えるルーティン家事とは

 「自分の生活を快適に保つために必要なことを精査し、すると決めたことは習慣にして、いちいち考えなくても身体が動くよう流れで取り組む

 ということ。

 言ってみれば、する項目とサイクルをあらかじめ決めて、定期的に取り組むということです。

 私は、使うたび、毎日、週末、みそか(月末)、とすべきことを振り分けていることで、負担なくキレイな状態をキープできています。

 これらを日々繰り返していたら……年末もほかの月と同じようなサイクルで家事を回せ、大きな負担もなくキレイな状態で新年を迎えられます。

ryokoさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ