家事を手放す。自分に優しい家事の方法を考えよう

印刷用を表示
2020/09/17 05:00

家事がラクになるよう、スッキリと暮らす仕組みづくりを日々研究している、整理収納アドバイザーのnikaさん。実はしなくても問題ないのではと、減らした家事があるそうです。

▼目次

 こんにちは、整理収納アドバイザーのnikaです。

 このコラムは、“やってみようかな”と暮らしのヒントになったり今日より明日の暮らしがもっと楽しく心地よくなったりと「暮らしのノート」としてみなさんにお届けしたいと思って綴っています。

 当たり前に毎日続けている家事も実はしなくても問題ないものが多いかもしれません。今日は私が「手放した家事」についてお話させていただきたいと思います。今している家事を見直すヒントになることがあれば嬉しいです。

アイロンがけは必要最低限に

 誰しも得意な家事(好き)と苦手な家事(嫌い)があると思うのですが、私の苦手な家事はアイロンです。できることならしたくない、どうしても後回しにしてしまっていた家事でした。

 そこで、なるべくアイロンがけをしなくても済むようにもの選びについて考えるようになりました。ハンカチはアイロンがけ不要のもの、普段着もシワになりにくいもの、夫のワイシャツもアイロンがけ不要のもの(本人もOK!)などを選ぶようになりました。

 また普段の買い物でも“アイロンがけは必要?”とワンクッション入れるようにしています。

 必要に応じてすることもありますが、毎週末にどっさりとたまった、気が重い家事からも解放されて手放して良かったなぁと感じます。

 ですが……こどもが小学一年生になり給食着を持ち帰ってくるようになったので週末のアイロンがけが復活することになりました。

 でも以前に比べて、どっさりと1週間分のワイシャツのアイロンがけをするワケではないので気持ちは格段にラクになっています。日頃からアイロンがけ不要のもの選びをしているおかげで必要最低限に抑えられていることは嬉しい変化です。

nikaさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/09/17 05:00 /article/detail/3449