解凍して焼くだけ。忙しい日々の味方「発酵パワーでおいしい下味冷凍」

印刷用を表示
2020/09/29 05:00

食材に下味をつけて冷凍しておく「下味冷凍」、忙しい主婦の味方としてずいぶん浸透してきましたね。この記事でご紹介するのは、塩麴などの発酵調味料を使って作る下味冷凍! 普通の塩や醤油で作るより、断然おいしくできるそうなのです。

▼目次

 こんにちは、田辺真穂です。いつも発酵ごはんのレシピを見てくださりありがとうございます。

 我が家には、今年2歳と5歳になる男の子がいます。かわいい盛り、そしてやんちゃ盛りの二人との日常はいつもバタバタ。

 日中は二人とも保育園に行っていますが、私も仕事があります。保育園へ送り出すまでの朝の時間と、保育園から帰ってきた後の平日の夕方は、いつも戦争です(笑)。

 特に下の子はイヤイヤ期&甘えたい時期で、常に足元にひっついている状態。なるべく栄養たっぷりの、手作りのものを食べさせたいという気持ちが強いのですが、ごはん作りにあまり時間を割けない日も。

 そんな私の理想と現実のギャップを埋めてくれるのが、「解凍して焼くだけ」の下味冷凍です。

 簡単・おいしい・健康・時短がすべて叶う! 発酵調味料を使って作る下味冷凍のおかずレシピをご紹介したいと思います。

岐阜県のおいしい郷土料理!発酵鶏ちゃん

 鶏ちゃん(けいちゃん)は、私の住んでいる岐阜県の郷土料理。鶏肉を味噌やしょうゆベースのタレに漬け込んで、キャベツなどと一緒に食べる肉料理です。

 これがご飯のおかずにもお酒のおつまみにもぴったりで、家族みんなの大好物です。

 今回はヨーグルトもプラスし、ダブルの発酵パワー! 鶏むね肉もふっくらおいしく仕上がります。仕込んでおけば解凍するだけで、岐阜県のおいしい郷土料理が楽しめますよ~。

材料
  • 鶏むね肉 2枚
  • A味噌 大さじ3
  • Aヨーグルト 大さじ3
  • Aしょうゆ麹 大さじ1
  • Aみりん 大さじ1
  • Aにんにく(すりおろす) 1~2片
  • Aしょうが(すりおろす) 1片
  • Aコチュジャン 小さじ1~お好みで
  • キャベツ 1/6玉(約150g)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ごま油 適量
下味冷凍はこうやって

 鶏むね肉を一口大に切る。保存袋にAの調味料をすべてあわせて鶏むね肉を入れ、よく揉みこんで冷凍する。

使いたい時は解凍して焼くだけ

1.冷蔵または常温で解凍して、熱したフライパンにごま油をひき、中火で炒める。

2.肉にある程度火が通ったら、キャベツ、玉ねぎを加え、野菜がしんなりするまで炒める。

ポイント

【1】冷凍せずそのまま焼く場合は、半日ほど漬け込んでから焼くと、お肉が柔らかくおいしくなります。

【2】味噌の量は種類によってお好みで調整してください。私は白味噌か甘めの合わせ味噌で作るのが好みです。

あると助かる常備菜!麹たっぷりの鶏そぼろ

 しょうゆ麹の深い旨みと甘酒、みりんの優しい甘さでお砂糖いらず。子どもたちが大好きな鶏そぼろは冷蔵庫にあるとホッとする、「これさえあれば!」的なおかずのひとつです。

材料
  • 鶏ひき肉 400g
  • しょうゆ麹 大さじ4
  • 甘酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • しょうが(すりおろす) 1~2片
下味冷凍はこうやって

 鶏ひき肉に調味料をすべて入れてよく混ぜ、ジップロックなどの保存容器に入れて冷凍する。

使いたい時はぜんぶ炒めるだけ!

 冷蔵または常温で解凍し、ひき肉をフライパンに入れてから中火にかける。よくかき混ぜながら、汁気がなくなるまで炒める。

我が家はこのようにアレンジします

 王道の三色そぼろ丼はもちろん、キムチやコチュジャンを加えてナムルと一緒にビビンバ丼にしたり、たっぷりのねぎを一緒に和えてそぼろパスタにしたり、食パンにのせてチーズをかけてこんがり焼いてもおいしい!

 出汁と合わせて餡を作って、豆腐や野菜にかけるのもおすすめです。アレンジ無限大の鶏そぼろは、冷凍しておくととても重宝します。

  • 1
  • 2

田辺 真穂さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/09/29 05:00
2020/09/29 05:00 /article/detail/3465