二度の出産で、育休中に改善したこと

印刷用を表示
2018/02/24 12:00

次女を出産して育休中のぴょこぴょこぴさん。長女の出産、一度目の職場復帰、二度目の出産を経る中で家事の分担や効率化など様々な工夫をしてきました。これまでどんな風に改善をしてきたのでしょうか? 二度目の職場復帰を控えるタイミングで、まとめてくれました。

二度の育休と、暮らしの改善

 私は元々、家事はのんびり、仕事で疲れた日の夕食は外食やお惣菜、夜型で朝はぎりぎりに起床するタイプでした。

 長女が生まれ、はじめての育児がはじまり、家事育児の両立ができていない状態で仕事に復帰しました。仕事と家事育児に追われる日々の中で、こつこつ工夫を重ね、少し余裕が生まれた頃に次女を妊娠し、現在は二度目の育休中です。

 今回の育休は最後の育休になる予定なので、できることはすべてやっておこうと、思いつく限り収納や家事の改善を行っています。

 今回は、それぞれのタイミングでどのようなことをしたかご紹介したいと思います。

はじめての育休と仕事復帰

 長女が生まれたときの育休中は、日々最低限の家事育児を行うのが精いっぱいで、改善はまったくできませんでした。

 仕事復帰前に紙に家事や保育園送迎、仕事などタイムテーブルを書いてシミュレーションしてはいましたが、家事の効率化ができておらず、また家事のほとんどを抱え込んでいました(洗濯物は朝干して、帰宅後取り込み、すべて私がたたんでいました。お掃除は、お風呂以外は週末だけ行っていました)。

 唯一の効率化は、洗濯物を干す余裕がない日のために購入した乾燥機です。洗濯から乾燥まで一気に終わらせることができるドラム式洗濯機とどちらが良いかと悩みましたが、ドラム式は高価なことと、子どもの事故が心配なため、乾燥機に決めました。

 食材は生協で毎週まとめて注文していましたが、日々スーパーでも追加購入していました。さらに夕食は帰宅後に一から調理していたので、とても時間がかかっていました。1歳になりたての長女は、しばらくEテレを見ながら幼児用のお菓子を食べていましたが、飽きると料理している私の足元に来て泣いていました。

 何とか長女にごはんを食べさせて、お風呂に入れ、寝かしつけ、私も寝落ちしてから10時頃起きて夫と夕食を食べ、夫が食器を洗ってくれている間に、保育園の支度などをしました。

 夜寝るのはどうしても12時を回ってしまい、いつも睡眠不足でした。

職場復帰後の改善

まずは機械に頼りました

寝室を水拭きしてくれているブラーバ
寝室を水拭きしてくれているブラーバ

 起きられる日は早起きして家事をやろうともしましたが、私が起きると長女も泣いて起きてきてしまうため断念しました。

 長女が1歳半を過ぎた頃、マイホームに引っ越しました。それを機にルンバを購入し、掃除機掛けはルンバに任せることになりました。食洗器もつけたので、食器洗いがなくなりました。空いた時間を活かして洗濯は夜行い、夫に干してもらうことにしました。

 しばらくしてブラーバも購入し、拭き掃除もブラーバにやってもらうことになりました。

タイムテーブルを改善

 長女が3歳になる頃から食事を食べさせるのが楽になってきたので、夕食を一緒に食べて一緒に寝る流れに変更しました。夫の分は器に盛って冷蔵庫に入れておき、自分で温めて食べてもらっています。

 早く寝られるようになったので、早朝に起きて簡単なお掃除と、夕食の下ごしらえをはじめました。

 この頃から私が起きても、長女は気づかずにぐっすり寝ていてくれることが増えたことも、朝型生活に切り替えられた理由です。

 一緒に眠ることで「早く寝て~」とイライラすることがなくなり、睡眠不足もかなり解消されました。

自分のことは自分でやってもらう

 この頃まで洗濯物はすべて私がたたんでいました。なんとなく、妻(母親)の仕事だと思っていたからです。

 でも、自分のことは自分でやってもらわなくてはと考え直し、夫の分は自分でたたんでもらうようお願いしました。夫専用の洗濯物入れを作り、私はそこに分類して投げ込むだけになりました。

 ワイシャツなど掛ける収納にしているものは、乾いたら私がクローゼットにかけています。洗濯物干し用とクローゼット用のハンガーを共有しているので、私が取り込むときにそのまま自分の服と一緒にクローゼットに持って行ってかけるほうが効率的だからです。

作り置きやまとめ買いで調理時間を短縮

ある週末の作り置き。
ある週末の作り置き。小松菜の胡麻和え、きんぴらごぼう、ブロッコリーの塩ゆで、酢玉ねぎ、キャベツと油揚げの煮びたし、はちみつ大根、人参のグラッセ、鶏むね肉のピカタ、ネギの小口切り、人参の千切り、シチュー(奥のお鍋に入っています)、ほうじ茶を作りました。ざるに入っているのは、干し野菜にする大根と白菜です。ついでに夕食用の鍋の材料もカットしました。

 生協に加え、ネットスーパーの利用も開始しました。生協では子どもに安心な食材やおやつを、ネットスーパーでは普段スーパーで買っている食材を注文しています。ネットスーパーを利用しはじめてから、スーパーに行くのはどうしても必要な物があるときだけになり、買い物にかかる時間が減りました。

 また同じ頃、週末に作り置きをはじめました。たくさん作り置きを作るのは大変なときもありますが、作り置きのおかげで、朝夕の食事の品数が増え、お弁当も作ることができるようになりました。また、夕食にお弁当を購入したり、デリバリーを頼んだりすることが激減し節約にもつながりました。

時間に余裕が生まれました

 これらの改善の積み重ねと長女の成長によって、復帰直後に比べ余裕が生まれました。家事の内容は充実したのに1時間以上の余裕ができたため、勤務時間を1時間延長することができました。

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ