アコメヤの新シリーズ「素のもの、そのまま」

印刷用を表示
2020/09/20 05:00

9月25日よりAKOMEYA TOKYOの新シリーズ「素のもの、そのまま」が発売。自然のおいしさをダイレクトに味わえる、環境にも身体にも優しい商品です。

 お米を中心としたライフスタイルショップAKOMEYA TOKYOが、化学調味料無添加の食品ラインナップ「素のもの、そのまま」をスタートさせました。

 自然に寄り添ったおいしさを届けるため、日本各地からこだわりの素材を集め、試作に試作を重ねて完成したという商品のラインナップ、一部をご紹介します。

出汁

 自然の素材を使うことにこだわり、旨みを凝縮。化学調味料だけでなく、酵母エキス、たんぱく加水分解物も使用していないことから素材本来の味を感じることができます。

 塩分が加えられていないこともポイントで、他の食材の味わいを引きたて、料理の下支えをする役割を果たしてくれます。

水出し出汁

 ウォーターポットに入れて水を注いで冷蔵庫へ。低温でゆっくり抽出した出汁はクリアですっきりとした味わいになります。寝る前に仕込んでおけば、翌日は出汁の旨みたっぷりの幸せな朝食からスタート!

飲む出汁

 最近では、出汁を”飲む”ことも浸透してきました。まるでコーヒーのようにハンドドリップで出汁を気軽に楽しめる「飲む出汁」は、ほっと一息つきたい時に。

ご飯のお供

 一級品の材料を集め、化学調味料無添加でもおいしく仕上げたご飯のお供たち。鰹やアンチョビ、ブリなどは国産にこだわり、使用する調味料も化学調味料無添加を徹底しています。

ご飯のお供 じゃこ

 かつお節、さば節、昆布、にんにくの旨みを独自製法で抽出した究極の香味オイル「だしオイル」。ここに国産のちりめんじゃこ&アンチョビを加え、野菜や味噌を絶妙なバランスでブレンドしました。

 それぞれの素材の持ち味が引き出され、コク深く仕上がっています。

炊き込みご飯の素 鮭めし

 北海道日高沖で獲られる「日高の銀毛鮭」は、舌の肥えたプロや漁師たちも絶賛する高級魚。希少価値が高く滅多にお目にかかれない「銀毛鮭の王様」と言われる「銀聖」を贅沢に使った炊き込みご飯の素です。

 上品でクセがない利尻昆布を出汁に使うことで、おいしさをさらに高めています。

お米

 自然の力を最大限に活用した有機農法のお米や、体に優しいミネラル豊富な玄米などを選定。農薬や化学肥料を使わずに作られるお米は、手間暇かけて作られた賜物です。

玄米

 AKOMEYA TOKYOの人気米2種を玄米で。

 1種は粒が大きく、まるで瞳のように輝いていることから名づけられた「龍の瞳」。もう1種は新潟県十日町市を中心に“食・命・環境”を普遍的テーマとし丹精込めて栽培された「コシヒカリ」。どちらも農薬・化学肥料を使用せずに作られています。

黒米/赤米

 健康志向が高まってきた今、雑穀を食す人も増えてきました。スーパーには様々な雑穀が並んでいますが、実は国産の雑穀は全体の10%以下なんです。

 そんな希少価値の高い国産雑穀をブレンドした黒米と赤米は、お米と一緒に炊き上げても、リゾットやスープにしても◎

 発売は、9月25日(金)よりスタート。食から健康を見直すいい機会になりそうです。

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/09/20 05:00
2020/09/20 05:00 /article/detail/3473