【リノベーション】素敵な台所&バスルームにするための準備

印刷用を表示
更新日:2020/10/28 16:48

リノベーションって実際どう進めるの? 整理収納アドバイザーとしてお仕事をしている能登屋英里さんが準備段階で気をつけたこととは。

 こんにちは。整理収納アドバイザーの能登屋英里です。

 普段はこちらのサイトで「無理せず、自分らしく暮らす」をテーマにインテリア、整理収納、暮らしのことについて記事を書かせていただいています。

 我が家は築50年弱の中古ビンテージマンションを購入し、フルリノベーションを行いました。15年のアパレルディスプレイという経験を生かし、設備選びや内装などのデザインは全て自分で行いました。

 都心部の利便性を優先したので、52㎡とコンパクト。

 この狭い空間でいかに快適に暮らせるかを考え抜いて、さまざまな工夫をしています。

 これからリノベーションをしたいと考えている方へ、リノベーションの魅力や進め方について3回に渡ってご紹介します。

 第2回目は「ショールームの周り方や設備の選び方」についてお話しします。

家づくりは決めることがたくさん。自分の目で見て確かめること

 なんでも準備が9割と言いますが、家づくりももちろん準備が大事!

 家づくりがスタートしたら、業者さんからいっぱい質問が来て、いろいろなことをスピーディーに決めていかなければなりません。

 大きな設備機器(キッチン・浴室・トイレ)などはもちろん、壁紙・床・照明・スイッチはといったディティールまでも。

 慣れない作業ですし、時間に追われて「なんでもいいです」と言ってしまいそうになりますが、このディティール部分をしっかり考えて決めないとまとまりのない家になってしまいます!

 第1回目でお話しした、インテリアの方向性が決まったら、それに合う設備を選びにショールームへ行ってみましょう。実際に行かなくてもリノベーション会社、設計事務所、工務店も提案はしてくれるとは思います。でも実物を見ないで決めるって難しいですよね。

 ショールームに行けば、実物のキッチンやお風呂、それぞれの色見本が置いてあります。ご自身でショールームへ行くことをオススメします。

 まずはネットで各メーカーのホームページのチェックから。各社細かく商品の説明やオススメポイント、写真が掲載されていますので、ピンとくるメーカーから行ってみると良いでしょう。

 都内に限るかもしれませんが、何社かのショールームが近くにまとまっていることが多いです。1日で数社回ることができるので効率的です。

 時間が許す限り、いろいろなショールームに行って、見て・触れて・比較をして欲しいと思います。私もキッチンだけでも5社以上比較しました。

 「家のインテリアイメージに合うか」が選ぶポイントの大部分を占めるのですが、次に見てほしいのが「機能面」です。

自分の暮らしに合うかどうか。機能面をしっかりチェックしよう

 キッチンならば収納の量は? 掃除はしやすい? バスルームならばバスタブに実際にバスタブは入ってみて深さや入りやすさを確かめて!

 それから設備のオプション、ご自身の生活スタイルに必要なのか否かを想像してから決めましょう。便利そうだしおすすめされたからと安易にオプションを追加しないで!(笑)。むしろ標準装備をなくすことだってできます。

 第1回目の記事にも書きましたが、我が家のバスルームはミラーやタオルバーがなかったり、キッチンのガスコンロはメーカーで選べる装備に気に入ったものがなかったので施主支給に切り替えたりと、聞いてみると意外とメーカーの方もフレキシブルに対応してくださいました。

どんどんSNSを活用しよう

 ショールームに行く時間がない! 近くに希望のショールームがない! 雑誌で見かけた気になる設備があるがどこのメーカーかわからない! そんなときはぜひSNSを利用して。

 私もドア探しをしているときに、素敵なドアのお家を発見! 早速SNSを通じてコメントをしたところ、すごく丁寧に教えていただき、同じメーカーでドアを購入することができました。

 ショールームに行ったが、実際に使い勝手はどうなの? というときも同じキッチンを使っている方を見つけて、質問した経験も(その方とは今でもSNSで親交があります)。

業者さんとのコミュニケーションは必須

 このようにショールームに行ったり、設備を決めていく過程で工事を請け負ってくれる業者さんとのコミュニケーションは大事です。やりたいインテリアのイメージは必ず先に伝えておきましょう。テイストに合わない提案をされてしまってもお互い時間がもったいないですからね(笑)。

 またショールームでもらった見積もりなどの情報はすぐ共有。施主支給したいアイテムが出たら相談。OKが出たら購入。その後、図面に落とし込んでもらえると安心です。

 工事を請け負ってくれる業者さんとの相性も大事です。選ぶ基準は人それぞれですが、例えば年が近かったり、好きなテイストが似ているとこちらの要望が言葉足らずでも理解してもらえたりとスムーズですよ。

小さな場所から始めても楽しい

 フルリノベーションともなると、大変かもしれませんが、水回りだけ、壁や床だけ、ドアだけ変えるなど小さな場所から始めることもできますので、挑戦してみてくださいね。

 あなたらしい家づくりの参考になれば嬉しいです。



能登屋英里さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/09/25 06:00
2020/10/28 16:48 /article/detail/3494