お気に入りのスニーカー、長く使う方法

印刷用を表示
2018/03/13 12:00

どんなアイテムでも、せっかく買ったのなら大事に使いたいものです。たとえば使い勝手の良いスニーカー。履きつぶしてしまうイメージもあるかもしれませんが、メンテナンス方法によっては長く使うこともできるんです。

今回はメンテナンスの話です。

 知っているようで知らないスニーカーのこと。第2回目は「メンテナンス」です。

 みなさん、スニーカーのお手入れってしていますか?

新ピカのスニーカー。できればこの状態で履き続けたい……
新ピカのスニーカー。できればこの状態で履き続けたい……

 靴を買う時に「ご一緒に防水スプレーはいかがですか?」と聞かれるので、必要なのかな、と思ってとりあえず履く前に吹きかけるけど、あとはそのまま……という方も少なくないのではないでしょうか?

 せっかく選んだスニーカーを少しでも長く履くためのメンテナンス方法をニューバランス原宿店の斎藤さんに伺いました。

ニオイ予防に効果的な方法

 効果的な簡単なお手入れが、スニーカーを使った日は、インソール(中敷き)を抜いて干すこと。これで、かなりの臭いを予防することができます。

 靴を履くと当然汗をかきます。これが嫌なニオイにつながるわけですが、実は足から出る汗は無臭です。実際の臭いの原因は菌の繁殖なのです。汗が残った状態で靴を履いて、汗をかいて、放置して、また履くという繰り返しが臭いのもとになるんです。

冷静に考えると靴の中ってこんな感じ。インソールは汗の影響を受けやすそう。
冷静に考えると靴の中ってこんな感じ。インソールは汗の影響を受けやすそうです。

 ですから、菌の繁殖を防ぐことが肝要。そこで、まず足の裏に接しているインソールを風通しの良いところで乾かしてあげると良いのです。そのうえで抗菌スプレーや消臭スプレーをすると、より効果的です。

  • 1
  • 2

関連リンク

これもおすすめ