眞鍋かをり「秋限定絶品チーズ・モンドールをもっとおいしく」

印刷用を表示
2020/10/23 12:00

チーズ好きが心待ちにしているという、秋限定チーズのモンドール。さらにおいしくいただくならこんなものと合わせてみては。チーズに詳しい眞鍋かをりさんが教えてくれました。

チーズプロフェッショナルの資格を持つ、眞鍋かをりさん
難関資格「チーズプロフェッショナル」を持つ、眞鍋かをりさん

秋。モンドールの季節です

 秋ですね! 今年もまた、秋限定のウォッシュ系チーズ「モンドール」の季節がやってきました。

 この連載もありがたいことに3年目。モンドールのシーズンも3回めです。一昨年はオススメのモンドールの食べ方や「焼きモンドール」について、昨年はモンドールに合わせるワインについて書きましたが、まだまだ、モンドールには秘められた魅力があると思っています。

 今回は、モンドールの持つ特徴を考えながら、意外な組み合わせをご紹介したいと思います。

モンドールを日本酒と合わせて

 モンドールの一番の特徴といえば、やはり熟成段階でまとう「エピセア」という木の香り。この木の香りとリンクする樽熟の白ワインはモンドールの良きパートナーですが、それ以外にも、木の香りにピッタリな組み合わせはたくさんあります。

 例えば、日本酒なんていかがでしょう。エピセアはクリスマスツリーにもなる、もみの木の一種で、爽やかな森林系の香りがします。この組み合わせはなんとなく、「檜風呂に入りながらの盃」や「樽酒」を連想させられて、なかなか好きなんですよね。中でもフルーティな大吟醸は、相性抜群です。

温かい紅茶と合わせて、ほっと一息

 お酒ではなく、紅茶をモンドールに合わせるのも大好きです。フレーバーティーよりも、しっかりと茶葉自体の香りを楽しめるタイプがおすすめです。木の香りと茶葉の香りがともに自然を感じさせてくれて、なんだか遠い親戚のような組み合わせだなあ……と思いながらいただいています。

 実は温かい飲み物はチーズの脂肪分を溶かしてくれるので、口溶けの変化も楽しめるうえに、胃にも優しいんです。

ティータイムにもチーズをおともに。ミルクティーにも合います
ティータイムにもチーズをおともに。ミルクティーにも合います

フルーツやスパークリングワインと合わせてさっぱりと

 熟成すると中身がトロッとクリーミーになるモンドールは、フルーツともよく合います。舌触りがリッチなクリーミー系のチーズは、ジューシーで爽やかなフルーツと合わせることで、さっぱりいただけるのです。秋ならマスカットや梨、冬はリンゴやイチゴなどが旬ですね。

モンドールといえばジャガイモが定番ですが、フルーツとの相性も良いんです
モンドールといえばジャガイモが定番ですが、フルーツとの相性も良いんです

 また、クリーミーさをさっぱりさせてくれるものといえば、スパークリングワインも忘れてはいけません。シュワっと爽やかな泡が口の中をリセットしてくれるので、リッチなチーズにはベストパートナーです。

グレースという甲州のスパークリングワインとマリアージュフレールの紅茶。どちらもお気に入りです
グレースという甲州のスパークリングワインとマリアージュフレールの紅茶。どちらもお気に入りです

 クリーミー系には泡とフルーツ。鉄板なので覚えておくと便利ですよ。

 最近はノンアルコールのスパークリングワインをよく見かけますが、少しフルーティな甘さがあってシュワッとしていて、もしかしたらシャンパーニュよりモンドールに合うかも!? と思ってしまいました。

 お酒を飲まない方でも、チーズの特徴を知ればマリアージュを楽しむことができます。

 今年もぜひ、モンドールで秋~冬の訪れを感じてくださいね。



眞鍋かをりさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/10/23 12:00
2020/10/23 12:00 /article/detail/3593