和花と香木をモチーフにしたお香

印刷用を表示
2020/10/19 05:00

和花と香木をモチーフにしたという全12種類のお香。そのネーミングからどんな香りか、情景とともに想像できます。

 創業445年の香老舗「香十」が、和花と香木をモチーフにしたお香「香十いろは」を発売。全12種類、わかりやすくどこか懐かしく親しみやすい香りです。

 “いろは”とは、物事のはじまりを意味する言葉。初めてお香を使う方にぜひ手に取ってもらいたい、という想いを込めてネーミングしたのだそう。

各30本入り 900円(税抜)

各30本入り 900円(税抜)

 香りの情景が浮かぶような香りの名前とパッケージも素敵です。

香りの種類

1.風ゆれるむらさき藤 WISTERIA
2.朝日に輝く薔薇のアーチ ROSE
3.朝露に蓮の花 WATER LILLY
4.手のひらの蜜柑 TANGERINE
5.檜の木漏れ日 CYPRESS
6.あの曲がり角の金木犀 OSMANTHUS
7.初夏の風薫る桃畑 WHITE PEACH
8.春の声 桜の花 CHERRY BLOSSOMS
9.雪の中の水仙花 NARCISSUS
10.ほっと一息の緑茶 GREEN TEA
11.古都のはんなり白檀 SANDAL WOOD
12.古寺のきりっと沈香 ALOES WOOD

香十京都二寧坂店
香十京都二寧坂店

 また、香十二寧坂店ではコロナ禍でなかなか店舗に行けない方に向けて、ZOOMでの無料60分オンライン接客サービスも開始(要予約)。京都旅行気分を味わいながら、お家でスタッフと会話や映像を楽しめますよ。

 暮らしのいろいろなシーンで使い分けたり、今なら「あの曲がり角の金木犀 OSMANTHUS」など季節の香りをお家に漂わせるのも良さそうです。

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/10/19 05:00
2020/10/19 05:00 /article/detail/3608