材料はさつまいもと砂糖だけ!濃厚・焼き芋ブリュレ

印刷用を表示
2020/10/25 05:00

秋のおやつといえば、焼き芋! ホカホカの焼き芋をハフハフしながら食べるのは、なんとも幸せな時間ですよね。しかし、ちょっとひと手間かけると、さらにおいしい最上のスイーツになるんです。お芋が大好きな料理家・横田さんが簡単でシンプルなおやつのレシピを教えてくれました。

 こんにちは。横田睦美です。

 すっかり寒くなり、秋を通り越して冬がきそうな雰囲気すらありますが、スーパーに並ぶ芋栗南瓜を見ると心が躍るのは私だけではないはず。

 茨城県出身の私にとって、さつまいもはなくてなならない存在。夏は冷凍焼き芋、秋は大学芋、冬は干し芋……と一年中さつまいもを食べています。

 今回は焼き芋にちょっとひと手間加えて、子どもも大人も喜ぶおしゃれ仕様に。簡単にできる「焼き芋ブリュレ」をご紹介します。

 さつまいもと砂糖さえあれば作れるので、休日のおやつ時間にぜひ作ってみてくださいね。

焼き芋ブリュレ

 ただの焼き芋ではつまらないので、砂糖を焦がしてブリュレ風に。バーナーがなくてもできるカラメリゼの方法もご紹介します。

材料

・さつまいも 適量
・グラニュー糖 適量

作り方

1.まずは焼き芋を作ろう!

 さつまいもは皮ごとよく洗い、濡れたままアルミホイルに包む。

今回は甘みの強い地元茨城産の紅はるかを使いました
今回は甘みの強い地元茨城産の紅はるかを使いました

 180度のオーブン(予熱なし)に入れて60分焼く。竹串がスッと刺さるようになれば焼き上がり。オーブンに入れたまま冷まし、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。

2.焼き芋にパリッとカラメルをつけよう

【バーナーを使う場合】冷やした焼き芋を縦半分に切って断面にグラニュー糖をまぶし、バーナーを使ってカラメリゼする。全体が溶けたら再びグラニュー糖をかけ、バーナーで2度焼きして、冷蔵庫で5分程度軽く冷やす。

写真ではクリームブリュレに使われるカソナードを使っています
写真ではクリームブリュレに使われるカソナードを使っています

【バーナーがない場合】フライパン用ホイルシートをしいたフライパンにグラニュー糖大さじ3~4を振り入れて中火にかける。フライパンをゆすりながら全体が茶色くなるまで、かき混ぜずに加熱する。

かき混ぜたくなるのはぐっと我慢!
かき混ぜたくなるのはぐっと我慢!

 焼き芋の断面を下にしてカラメルの上に置き、5秒ほどしたらあげる。冷蔵庫で5分程度軽く冷やす。

※カラメルが熱いので火傷しないように注意してください。トングを使うのがおすすめです。

※砂糖を焦がす段階で高温になるため、できればフッ素加工されていない鉄やアルミのフライパンを使ってください(フッ素加工のフライパンを使うと空焚きと同じ状態になり、加工が劣化する可能性があるため)。

ポイント

1.焼き芋はじっくりと長時間かけて焼くことで、しっかりと甘みが出ます。

2.カラメリゼをする前に焼き芋をしっかり冷やすことで、さつまいもと砂糖がなじむことなく、パリッとしたカラメルができます。

3.カラメリゼした後に少し冷やすことで飴状に変化します。時間が経つと水分を吸ってしっとりしてしまうので、作り立てを冷やしてすぐに食べるようにしてください。

おすすめの食べ方いろいろ!

 そのままでももちろんおいしいのですが、バニラアイスをトッピングすると最高のデザートに! はちみつを少し垂らしてナッツを散らせば、食感の違いも楽しめます。

バニラアイスをトッピング♪
バニラアイスをトッピング♪

 また、焼き芋を一度冷凍するのもおすすめ。半解凍した後にカラメリゼすると、濃厚な焼き芋アイスのような食感になって、とってもおいしいんですよ。いろいろな食べ方で楽しんでくださいね。



横田 睦美さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/10/25 05:00
2020/10/25 05:00 /article/detail/3625