”りんごのおいしさ”をそのまま楽しむジュースとドライフルーツ

印刷用を表示
2020/10/23 12:00

長野県飯綱町のおいしいものを届けるブランド「りんご工藝社」のりんごジュースとドライフルーツは、りんご以外に何も入っていないから、品種の違いがとってもよく分かるのだそうです。

 飯綱町は長野県北部のりんごの里。澄んだ空気と水、寒暖差のある気候がりんごをはじめ作物を豊かに育てます。

 飯綱町にはおいしい、珍しいりんごがたくさん。町の天然記念物である「高坂りんご」をはじめ、1990年に英国王立園芸協会より穂木が寄贈された「ブラムリー」、「ベルドボスクープ」、「グラニースミス」などといった外国原産のりんご。

 また、「シナノスイート」、「シナノドルチェ」といった長野で新しく品種改良されたりんごまで、いろいろな種類が栽培されています。

 そんな長野県飯綱町のりんごを中心としたおいしいものを届けるブランドが「りんご工藝社」。地元の農家や作り手たちと、飯綱の素材で、おいしくて、安心して食べられるお菓子や加工品を作っています。

 りんご工藝社の「りんごジュース」とドライフルーツ「りんごドライ」は、25軒のりんご農家からなる生産者グループ「アップルファームさみず」が安心安全にこだわり、減農薬の特別栽培で育てたりんごからできています。

りんごジュース各種648円(税込)
りんごジュース各種648円(税込)

 安心して皮ごと丸かじりできる特別栽培のりんごを約2個分しぼってできるのが、りんごジュースです。

 糖度や酸度の調整を一切していない、添加物不使用のストレート果汁は、まるでりんごを食べているかのようなフレッシュさ。甘酸っぱい味わいの「紅玉」、甘味の中にコクがある「フジ」、やわらかな甘味の「シナノスイート」、爽やかな酸味の「グラニースミス」。全部で4種類あります。

 りんごによって、こんなに違うの!? と、見た目や味わいに驚いてしまうお客さんもいるのだとか。

 さっぱりからコクのある甘味まで、品種によってまったく異なる味わいを楽しめます。

りんごドライ各種540円(税込)
りんごドライ各種540円(税込)

 減農薬で育てられたりんごを丸ごと1個分干しりんごにしたのが、りんごドライです。

 袋を開けた瞬間にふわっと広がる、りんごの爽やかで甘い香り。砂糖不使用で、りんごのおいしさがぎゅっと凝縮され、りんごそれぞれの味わいが噛みしめるほどに広がります。

 りんごドライは「紅玉」、「フジ」、「グラニースミス」の全部で3種類。ヨーグルトや焼き菓子へのトッピングに使ってもよし。手軽にパクパクと食べられてしまうので、1袋もあっという間。お子さんのおやつにも。

 各種「りんごジュース」および「りんごドライ」は、全国のサンクゼール・久世福商店の一部店舗およびオンラインショップで販売しています。

 実は2019年12月から長野県の一部店舗でのみ取り扱われていましたが、好評だったので販売エリアが拡大されたのだとか。

 全国2位の出荷量を誇るりんごの名産地・長野で好評のりんごジュースとドライフルーツ、どんなお味がするのでしょうか。

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/10/23 12:00
2020/10/23 12:00 /article/detail/3632