子どもが「さし絵作家」になれる時間を作る「おえかきむかしばなし」

印刷用を表示
2020/10/27 14:00

子どもが家にいるとゲームやネット、動画を楽しみがちです。もちろんそれらも良いものですが、たまには別の方法で「想像する時間」も作ってみませんか?

 コロナ禍によって変わりつつある生活様式。子どものおうち時間をどうするか、頭を悩ませているご家庭もあるでしょう。

 そこで、「子どもたちの想像力を養う時間」を提案しているJ-WAVE(81.3FM)のコンテンツをご紹介します。

 その名も『おえかきむかしばなし powered by J-WAVE』。「ももたろう」「わらしべちょうじゃ」「こぶとりじいさん」など、おなじみの「昔話/童話」をオリジナルアレンジし、J-WAVEナビゲーターが朗読するというもの。

 さらに、この読み聞かせを聴き、そのストーリーからお子さんがイメージした「絵」を、WEBサイトで募集します。集まった作品は映像でつなぎ合わせ“読み聞かせ動画”としてJ-WAVE Official YouTubeチャンネルにアップロードされる予定です。

 つまり、子どもたちが「さし絵作家」になるという企画です。

 「#おえかきむかしばなし」を付けてSNSで発信してもOKですよ。

 最初の3作品はこの企画を考案したジョン・カビラさんが朗読を担当します。現在、子どもたちが動画サイトやゲームなど、映像コンテンツに目を奪われる時間が増えている傾向にあるなか、時には角度を変えて、「想像する時間」を楽しんでみませんか?

 初回の作品は「ももたろう」です。

 J-WAVEのデジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」のほか、Apple Podcasts、Google Podcasts、Spotifyなどの主要なリスニングサービスにおいて聴取可能です。
SPINEAR:https://spinear.com/shows/oekaki-mukashibanashi/

ジョン・カビラさんのコメント

 「ステイホーム」が求められていた頃から、子どもたちの想像力と創造力を刺激しつつ、保護者の皆さんもお楽しみいただける仕組みを考えていました。試行錯誤の上、まずはスタート!ぜひ、「おえかき」お願いします!もちろん、大人の皆さんの絵も大歓迎!フィードバックもお待ちしています!

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/10/27 14:00
2020/10/27 14:00 /article/detail/3641