水戻し不要!無印良品に大豆ミートシリーズが新登場

印刷用を表示
2020/10/27 12:00

これなら手軽に取り入れられるかも! 無印良品が10月28日より常温保存可能・水戻し不要の大豆ミート4種を発売します。

 無印良品に大豆ミートシリーズが新登場! 常温保存可能・水戻し不要なので、手軽に毎日の食卓に取り入れられます。

 商品ラインナップは4種類。まずは、肉が好きな方も違和感なく「おいしい!」と思える食感に仕上げられた「大豆ミート ハンバーグ」と「大豆ミート ミートボール」。こちらは電子レンジで温めるだけで食べられます。

「大豆ミート ハンバーグ」1個(1人前)/290円(税込)
「大豆ミート ハンバーグ」1個(1人前)/290円(税込)
「大豆ミート ミートボール」80g(1人前)/290円(税込)
「大豆ミート ミートボール」80g(1人前)/290円(税込)

 もう2つは、水戻し不要ですぐに料理に使えるよう加工された「大豆ミート ひき肉タイプ」と「大豆ミート 薄切りタイプ」。どちらも、普通のひき肉や薄切り肉と同じ要領で使えます。

「大豆ミート ひき肉タイプ」80g(2~3人前)/290円(税込)
「大豆ミート ひき肉タイプ」80g(2~3人前)/290円(税込)
「大豆ミート 薄切りタイプ」80g(2~3人前)/290円(税込)
「大豆ミート 薄切りタイプ」80g(2~3人前)/290円(税込)

なぜいま大豆ミートなのか

 世界の急激な人口増加による今後の食糧確保と環境問題は避けては通れない問題。2050年には世界の人口が100億人に達すると言われており、同時に食肉需要は2010年比で1.8倍に上昇すると予測されています。このことから、タンパク質を確保することが重要な課題であることは明瞭です。

 しかし、食肉の需要増加に対応するために家畜を育てると、より多くの飼育用穀物や水が必要になります。加えて、家畜が排出するCO2量の増加による環境破壊も懸念されているのです。

 こういった課題解決のひとつとして、生産時に使用する水が少なくて済み、CO2が発生しにくい大豆を主原料とした「大豆ミート」が昨今注目されています。

 手軽に毎日の食卓に取り入れられる大豆ミートをきっかけに、健康志向やエシカル消費なども踏まえた、自分なりの豊かな食生活を考えていきたいですね。

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/10/27 12:00
2020/10/27 12:00 /article/detail/3642