思えば親子で一緒に楽しく行動できたのは、小4くらいまでだった気がします。

 こんにちは。編集長のホンダです。

 皆さん、毎日家事に子育てにお仕事に、本当にお疲れ様です!

 私も毎日バタバタで時間があっという間に過ぎていく一方なのですが、最近、小6の息子との関係が変わってきたなと感じています。

 去年までは週末となれば、子どものスポーツ(サッカーと野球)の応援やお当番があって、忙しいながらも子どもの様子を見られて楽しかったのですが、今年はコロナの影響で応援も制限されているため、行くことはほとんどなくなりました。

 そして息子はそろそろ思春期に突入したようで、機嫌よく学校での様子をあれこれ話してくれる日もあれば、朝からブスッとしていて「行ってきます」がほとんど聞こえないときもあります。

 勉強もしっかりしてほしいけど、ゲームやテレビ、マンガばかり……。

親子の蜜月は小4までだった

 思えば親子で一緒に楽しく行動できたのは、小4くらいまで。

 それまでは週末は何かと家族で出かけ、子どもの習い事でも、親の出番はそこそこありました。

 でも小5あたりからは、出かけるよ、と言っても、自分のやりたいことがないと嫌がるようになりました。旅行も、プールや釣り、スキーなどなにかアクティビティをプラスして、ようやくついて来る感じです。

 友達といるほうが楽しいんですね。こうして親離れしていくんだなと実感しています。私も子離れしてこれからは自分の時間も充実させていかなくては。

ひとりランニング旅を楽しんでいます

三浦半島駅から剱崎(つるぎさき)灯台までランニング

三浦半島駅から剱崎(つるぎさき)灯台までランニング

 そんなこんなで最近の週末は、私ひとりでの行動も可能に。少し足を延ばして、遠くまでランニングをしに行くのにハマっています。

 先日は三浦半島の剱崎(つるぎさき)灯台へ。海辺を走り、キラキラ光る水平線を眺め、リフレッシュできました。

大根畑が広がるのどかな眺め

大根畑が広がるのどかな眺め! 向こうに広がるのは東京湾

 ランニング途中、大根畑の真ん中にあるコンビニで買った、豆大福がおいしかったこと!

 外で食べてたら、お店の人に「アナタ! トンビに狙われてるわよ!」と。上空を旋回するトンビに襲われる寸前だったようです。

ゆっくりできる楽しさと寂しさ

 思えば子どもが小さいころは、ひとりで出かける余裕なんて全くありませんでした。

 しかし、いざひとり時間ができてこんなふうにのんびりしてみると、海辺で小さな子を遊ばせるお母さんの姿がまぶしくて、ちょっと胸にこみ上げるものが。

 かわいいなあ、うちの子も砂遊びが好きで、なかなか帰ろうとしなくて困ったっけ……とおセンチに。

 なんだか早く帰りたくなり、子どもの好きなご飯でも作ってやるかと、予定より早く帰宅してしまいました。まだ子離れできてないですね。

今だってキラキラな時間のはずだけど

 子育て中って後から振り返ると、キラッキラの思い出ばかり。

 当時は、毎日大変だったんですけどね。ということは今も何年か後で振り返れば、楽しい思い出になっているんでしょうか。

 しかし……勉強しない、散らかし屋の思春期男子もなかなか手ごわいんですよ! 先輩ママのアドバイスが欲しくて、いろいろ聞いたりしています。

 子育て中の方々。一緒にゆるーく頑張っていきましょうね。



本田麻湖(みんなの暮らし日記ONLINE)さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/10/28 16:00
2020/10/28 16:33 /article/detail/3654