鮮やかな色が楽しい! ボルシチ風スープ

印刷用を表示
2018/03/16 12:00

今年の冬は雪の影響でスーパーに商品が届かない、という状況もありましたね。そんな時、みなさんは何を作りましたか? hanaさんは、手元にあるものでボルシチ風のスープを作りました。さらにリメイクしてピンクシチューにも。目と舌で何度も楽しめるスープです。

今年の冬は寒かったですね

 皆さまこんにちは! この冬は本当に極寒の日が続きますね。雪に見舞われスタッドレスタイヤの素晴らしさを改めて知ったhanaです。

 私の住むところは、気候温暖でとても暮らしやすい地域です。その分、今季のように急なドカ雪に襲われると皆パニック! 雪に不慣れなので、道路状況に即乱れが生じます。私ももれなく雪道運転恐怖症。雪の日は、早朝の送迎は夫頼みです。雪の多い地域にお住まいの方には笑われてしまいますね笑

 1月の大雪の時も、私は太陽の光で雪が溶けはじめてからノロノロと始動です。できることなら門から出たくなかったのですが、冷蔵庫がおなかをすかせていたので、エコバスケットとともに出動。

 「キャーー!」

 「イヤーー!」

 などと運転中にいちいち騒ぎながら自宅から1番近いスーパーに到着。駐車場は、雪で一面真っ白! 店員さんが雪かきしてくださったと思われる、即席のアスファルトの道をたどり駐車、店内へ。

 スタッフさんも少なく、お客様もまばら。そして商品もガラガラ。雪の影響で入荷が遅れています、との張り紙が至るところに貼られていました。そりゃそうだわ、ちょっと考えればわかりそうなものの、えっちらおっちら遠征してきた自分に呆れつつ、少ない商品の中からお買い物です。

 遠くのスーパーへ行く勇気はないし、どのみちどこのお店も荷が遅れているのは同じですものね。手に入ったものと備蓄品でお料理するしかありません。

 帰宅して、「今夜は何作ろうかなぁ~寒いからとにかく温まる料理がいいよね~」と考えつつ新聞を開くと“ボルシチ”の文字が。

 写真とレシピつきで、お料理コラムにボルシチの記事が掲載されていました。

 「ボルシチか~久しく作ってないなぁ……セロリ、玉ねぎ、にんじんOK。ビーツも水煮のレトルトがある、トマト缶も買い置きがある。牛肉はないけど、豚のもも肉なら塊が冷凍してある……ベジブロスを使って、サワークリームもないけど、ヨーグルト水切りすればいい……」と脳内で指差し点検、ボルシチに決定!

 前回作ったのは1年以上前(Instagramを見てみたら、2016年6月でした笑)その時は全体をロシア料理風にまとめました。

★キャプション:ボルシチ/焼きピロシキ/オリビエサラダ/スキレットで焼き野菜とカマンベール/フライドオニオン/酢玉ねぎ でロシア風の晩ごはん
ボルシチ/焼きピロシキ/オリビエサラダ/スキレットで焼き野菜とカマンベール/フライドオニオン/酢玉ねぎ でロシア風の晩ごはん

 今回は食材も限られていますのでサイドディッシュはこだわらず多国籍ディナーにすることに。本来は牛肉を使うところを豚肉で代用、サワークリームも水切りヨーグルトで代用するので、ボルシチ風(←ここ重要)ですね笑

 家庭料理ですもの、多少のアレンジはアリです。

ボルシチといえば、ビーツ

 ボルシチの要は、ビーツかな? と思います。あの目に鮮やかな赤色は全てビーツの力。ビーツはとっても栄養価が高くて優秀な食材なのですよね。鉄分が豊富で、特に女性は積極的に摂りたい野菜です。

こちらの写真は写真ACさんより
こちらの写真は写真ACさんより

 なかなか生のビーツに出会えないので、私は水煮のレトルトパックを買い置きしています。

今回は、こちらを使いました。
今回は、こちらを使いました。

 カレーに刻んで加えたり、サラダに使ってみたりします。サラダで食べるとちょっと独特な土の匂いを感じますが、煮込むとほとんど気にならなくなります。

 ボルシチは見た目がド派手だけれど、口に含むと野菜たちの優しい味わいのスープなんですよね。

 余談ですが、生のビーツをソテーするととても甘くなるそうですよ!

 昨年夏、ビーツを夫農園で育ててもらおうと種を数種類取り寄せ、撒いてもらったのですが、撒き時期を誤ったのか、暑すぎたのかほぼ全滅。唯一、ベランダのプランターでラディッシュの隣に数粒撒いた分だけ、ピンポン球くらいまで育ちました。

 貴重なビーツは、サラダで1~2回食べたらなくなってしまいました。今年はよく調べて、大収穫で困っちゃう! とここで皆さまに報告したいものです笑

  • 1
  • 2

hanaさんの記事一覧

もっと読む