私の暮らしにしっくりなじむ古道具。普段使いに便利な6つ

印刷用を表示
2020/11/18 05:00

3人のお子さんを育てている人気インスタグラマーのeriさん。古道具の良さにすっかり魅了されているそうです。

▼目次

 古道具を買ったことがありますか?

 古道具と言っても、とても高価なものから普段使いできる手軽なものまでたくさんあります。うちにあるものは、ほぼ後者。

 今回は、わたしが実際に使っていて“時間を経てもいいものはいい!”と思える大好きな古道具を6つ紹介します。

1 木の箱、小引き出し

木の箱、小引き出し。並べた姿も好きです
木の箱、小引き出し。並べた姿も好きです

 小引き出しは見つけるとつい目がいってしまいます。

 あまり深すぎない、A4サイズの入る大きさが使いやすいと思います。

 引き出しに関しては、閉まりが悪いと使いにくいので、購入前に確認は必須です。

 ダイニングには、子どもひとりひとりの専用引き出しを作って、それぞれのプリントやちょっととっておきたいもの(ふいにくれたお手紙や塗り絵、抜けた歯など)をいったん入れています。

 リビング側の引き出しにはカードゲームやこどもの文具(色鉛筆、マーカー、消しゴム)をそれぞれしまうのに使っています。

 引き出しが浅いほうが中身が重ならずに使いやすいです。

 それ以外にも、”引き出しのみ”で売っていることもあり、こちらも使えます。

 ふたのない収納ボックスのようなもので、台所、玄関、あらゆるところで使っています。

引き出しのみ、こんなふうに台所でも使っています
引き出しのみ、こんなふうに台所でも使っています

2 ほうろうのもの

ホウロウのもの。台所で使ったり、プリントの一時置きに使ったり、軽くて使い勝手がいいです
ホウロウのもの。台所で使ったり、プリントの一時置きに使ったり、軽くて使い勝手がいいです

 雑貨屋さんの一部で、古いものを売られていることがあります。おしゃれなオーナーさんがセレクトされているので、そこから選ぶと間違いがないです。

 実際、お店でも備品として雑貨を入れて飾っていあったり、レジ前で無造作にフリーペーパーなどを入れて使われていたり、“こんな使い方もあるんだ~!”と勉強になります。

 普段は台所の引き出しにしまっていて、ふきんの漂白(ほうろうは直火にかけられます!)など台所道具としても使っていますが、洗面所やリビングでなにかの受け皿として使うことも多いです。

 緑や青いふちの色合いも好きで、軽くて重ねられて収納場所を取らない!

 いつの間にか増えています。

3 取り皿とお盆

器とお盆。おばあちゃんの家にあったような、懐かしいもの
器とお盆。おばあちゃんの家にあったような、懐かしいもの

 このサイズの取り皿は毎日のように使います。お醤油を入れたりお漬物をのせたり、薬味を入れたり……。使うのも洗うのも手軽で、うちには欠かせない器です。白と青の器っていいですよね。

 お盆は京都の古道具屋さんで購入しました。まあるいお盆、今はあまり見かけませんがこの雰囲気が好きです。来客時には、ここにひとり分のお茶とおやつをセットして出したりもします。

  • 1
  • 2

eriさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/11/18 05:00
2020/11/18 05:00 /article/detail/3713