まるでつきたて!とろけるお餅の焼き方&変化球のお餅アレンジレシピ

印刷用を表示
2021/01/01 05:00

おいしくて食べ過ぎちゃう……?! 一風変わったお餅の食べ方をたくさん教えてもらいました。きなこや醤油など定番をひと通り食べたら、こんなアレンジを楽しんでみませんか?

▼目次

すぐにできる!変化球のお餅アレンジ

 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 お正月ならではの特別感もあり、おいしくてついつい食べ過ぎてしまうお餅ですが、味がマンネリ化しがちという声をよく聞きます。そんなお悩みを解決すべく、すぐにできる変化球お餅レシピをまとめてみました!

 もともとお米からできているので、ご飯のお友=お餅にも合う、というのが持論。家族から「またお餅~?」の声が漏れ始めたころに、試してみてくださいね。

 記事の最後に、私流のおいしいお餅の焼き方もご紹介しています。つきたてのように、滑らかでとろけるお餅になるので、ぜひこちらもチェックしてください!

トッポギ風ピリ辛もち

 韓国料理のトッポギをイメージしたピリ辛味のお餅は、おせちなど和食に飽きてきた時にもぴったりです。韓ドラ鑑賞のお供にも?

材料(切り餅3個分)
  • Aコチュジャン 小さじ1
  • Aハチミツ(または砂糖) 小さじ1
  • Aみりん 小さじ1強
  • A醤油、おろしにんにく 少々
  • A白ごま、青ねぎ 適量
  • 切り餅 適量

※にんにくが気になる場合は、抜いても問題ありません。

作り方

Aの材料を混ぜ合わせ、ラップをかけずにレンジ(600W)で10~20秒加熱し、みりんのアルコールを飛ばす(量が少ないので様子を見ながら加熱時間を調整してください)。焼いた切り餅をたれにからめ、白ごまと青ねぎを散らして完成。

ベーコンメープルもち

 ベーコンの塩気にメープルシロップを合わせた、甘いしょっぱいの無限ループもち。お正月くらい、カロリーのことは忘れましょ!

材料(切り餅1個分)
  • スライスベーコン 1枚
  • くるみ 適量
  • メープルシロップ 適量
作り方

くるみはローストして粗く刻み、ベーコンは1cm幅に切って軽く炒める。焼き餅にベーコン、くるみを散らして、メープルシロップをかけたら完成。お好みで粗びき黒こしょうを振っても。

くるみもち

 岩手を中心とした東北でよく食べられるくるみもち。お餅の中で一番好きな食べ方です。

材料(切り餅5~6個分)
  • くるみ 60g
  • 上白糖(または三温糖) 大さじ3~
  • 熱湯 大さじ3~4
  • 醤油 小さじ1/2~
  • 塩 少々
  • 切り餅 適量
作り方

1.くるみをすり鉢に入れ、滑らかな状態になるまでよくする。

いつもは実家の大きなすり鉢を使います。大きい方が断然すりやすい!
いつもは実家の大きなすり鉢を使います。大きい方が断然すりやすい!

2.熱湯を大さじ1杯ずつ加え、全体をよく混ぜ合わせる。

岩手の祖母の実家では、煎れたての緑茶を加えていました
岩手の祖母の実家では、煎れたての緑茶を加えていました

3.砂糖、醤油、塩を加えて混ぜ、溶けたら完成。焼いた餅にかけるので濃い目の味付けにする。

 子どものころは、山で採れた鬼ぐるみを使い、大きなすり鉢と天然木のすりこぎでくるみだれを作るのが大晦日の仕事でした。祖父があぐらですり鉢を固定して、くるみをする様子を見ながら、お手伝いと称した味見係でしたが……。たれの状態で作り置きできるので、多めに作っておくといいですよ。

横田 睦美さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2021/01/01 05:00
2021/01/01 05:00 /article/detail/3714