余ったお餅の消費に!手が止まらない「4種のかきもち」

印刷用を表示
2021/01/08 05:00

余っているお餅をおいしく消費したい――そんな方にはコチラ! お餅を乾燥させて作る、手作りのかきもちをご紹介します。普通の塩味だけでなく、ガーリックハーブやコーンポタージュ、のり塩バターなど、おしゃれなアレンジ&ちょい足しもありますよ。

▼目次

 お正月に食べるお餅も大好きですが、子どものころに楽しみだったのは、鏡割りしたお餅で作るおかき!

 お餅が乾くまで揚げられないから、毎日毎日縁側で干しているお餅を観察したりして。揚げたてをつまみ食いするのが最高の贅沢でした。

 今回は、切り餅で作るおかきをご紹介します。ただ揚げるだけではつまらないので、ちょっとひねりをきかせたアレンジもご紹介。“せっかく摂るならおいしいカロリー”が私の信条なので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

基本のおかき

 まずは、基本のおかきから。しっかりとお餅を乾燥させるのがポイントです。

材料
  • 切り餅 適量
  • 揚げ油 適量
  • 塩 少々

 ※揚げ油はこめ油を使用しました。揚げあがりが軽くなるのでおすすめです。

下準備

切り餅を3mm程度の厚さにスライスし、ざるに広げて2~3日干す。表面がひび割れるまでしっかり乾燥させる。

薄くスライスするのが、硬い部分ができないようにするためのポイント
薄くスライスするのが、硬い部分ができないようにするためのポイント!

お供え餅を乾燥させて作る場合は、そのまま乾燥させ、鏡開きを迎えたらトンカチなどで割り、必要ならさらに乾燥させる。あまり大きな塊だと乾きにくいので、なるべく細かく砕くのが◎

作り方

油を160度程度に熱し、乾燥させた餅を入れる。時折返しながら香ばしいきつね色になるまで揚げる。揚げたてに醤油をたらすか、塩を振って完成。

ポイント

【1】市販のスリット入りの切り餅は、乾燥すると細かく割れてしまいます。もちろん味に違いはありませんが、きれいな長方形のかきもちにしたい場合は、スリットなしのものを使ってください。

【2】お餅の乾燥が足りないと揚げる時にパンッと破裂します。油がはねるほどではありませんが、割と大きな音が出てびっくりすることも……。ひび割れるまでしっかりと乾燥させてください!

  • 1
  • 2

横田 睦美さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2021/01/08 05:00
2021/01/08 05:00 /article/detail/3715