20年間のイタリア生活を終え、日本に帰国。おいしいイタリアンや普段の食事をブログで発信している、yukoさん。日本ではまだあまり知られていないイタリアのドルチェ、忘れられない魅惑のスイーツたちを一挙紹介してくれました。春にぴったり、ミモザケーキの手軽なレシピもぜひお試しください。

“ドルチェ・ヴィータ”、忘れられないスイーツとともに

 イタリアのスイーツやデザートのことを「ドルチェ」といいます。

 最近ではコンビニ商品にも、この「ドルチェ」という言葉が使われていたりするのでご存知の方も多いかと思います。

イタリアのスイーツたち
イタリアのスイーツたち

 また、ケーキやお菓子を売っているお店のことを「パスティチェリア」といい、甘いもののほかに、パンなども売っているのが特徴です。

イタリアのお菓子屋さん
イタリアのお菓子屋さん

 イタリア人の食事に欠かせないパン。

 それと同じように、甘いものも生活にはなくてはならない食べ物なのです。

 それでは、イタリアのドルチェといって思い浮かべるものは……

 ティラミスやパンナコッタ、ビスコッティ、ジェラートでしょうか。

 どれも、日本では知らない人がいないくらい有名ですよね。

 でも、もちろんこれだけではありません!!

 各地方地方に、また宗教的な行事に基づいたユニークで驚きのドルチェがいっぱいあります。

 今回は、まだあまり知られていないイタリアのドルチェ、お菓子を特徴とともにご紹介していきたいと思います。

イタリア人が愛する、エスプレッソ×スイーツ

 イタリア菓子というと、最近こそフランスに負けないくらいきれいでかわいらしいものもありますが、もともとはシンプルで、あまり形にとらわれないものが多いです。

 だけどそれらは、華やかさはないけれど、見かけによらないおいしさ、奥深い味わいがあります。

 例えばフランスの代表的なスイーツ、マカロン。

ラデュレのマカロン
ラデュレのマカロン

 カラフルで、かわいくって、お口の中でほろっととろけて、サンドした濃厚なクリームがたまらないおいしさ……。

 このマカロンの原型がイタリアの「アマレッティ」という焼き菓子だということは有名なお話です。

アマレッティ

イタリアの焼き菓子、アマレッティ
イタリアの焼き菓子、アマレッティ

 「こ、これが~!」とびっくりされるかもしれませんね。

 この「アマレッティ」というお菓子は、ピエモンテ州のもので 古代ローマ時代から作られていたといわれています。

 16世紀にメディチ家のカテリーナ・ディ・メディチがフランスのアンリ2世に嫁いだ際に連れて行った菓子職人が、このアマレッティをフランスに広め、現在のカラフルで美しいマカロンの原型になったといわれています。

 まさにフランスで花開いたといった感じでしょうか。

 でも、見た目は地味で負けていますが、このアマレッティ、いくつでも食べられるおいしさで、エスプレッソコーヒーにピッタリなお味です。

 そう、イタリアのドルチェはエスプレッソコーヒーに合うものが多いのです。

 濃厚なエスプレッソコーヒーに負けないくらい、素材の存在感が際立つお味、シンプルな作り方が特徴のものがほとんどです。

 例えば卵白で作るメレンゲ。よくケーキなどに使ったりしますが、エスプレッソと相性ばっちりです。

メレンゲ

軽くつまめるサイズに作った、コーヒー味の手作りメレンゲ
軽くつまめるサイズに作った、コーヒー味の手作りメレンゲ
食後に出されるメレンゲと生チョコ
食後に出されるメレンゲと生チョコ

 レストランで食事をした後、エスプレッソを頼むとコーヒーとともに

 メレンゲや生チョコなどのお菓子を無料で出してくれるところがあります。

瓶に入ったメレンゲ
瓶に入ったメレンゲ

 上の写真のトラットリアは、1cmくらいの小さなサイズのメレンゲを瓶に入れて出してくれました。もちろん無料です。

 カルボナーラをメニューに載せている店などは卵白があまりがち、そこで「メレンゲを」ということだそうです。

 ところで、「エスプレッソコーヒー」とは、イタリアで最も愛されているコーヒーで、イタリア人にとって「コーヒー」といえば「エスプレッソ」のことを指します。

 朝はエスプレッソに泡立てたミルクを入れたカプチーノ、ランチやディナーの後にはエスプレッソ、また一息入れたいときにもエスプレッソコーヒーになります。普通のコーヒーよりも濃くて深煎りのお味、半分ぐらいの大きさのカップでいただきます。

 日本でもイタリアンレストランをはじめ、飲めるところが増えてきましたよね。

エスプレッソコーヒー
エスプレッソコーヒー

 エスプレッソコーヒーを注文すると、必ず砂糖がついてきます。

 私は、砂糖は入れずにブラックでいただく甘くないエスプレッソが好きですが、イタリアの友人は、砂糖を多い時には2袋ぐらい入れ、あまりかき混ぜずに飲み、最後に底に残った溶けかけのエスプレッソ味の砂糖をスプーンで食べるのが、たまらないと言っていました。エスプレッソ好きのツウな飲み方だそうです。

 また、このエスプレッソを使ったドルチェで有名なのが、アフォガートです。

アフォガート

アフォガート・アル・カフェ
アフォガート・アル・カフェ

 アフォガートとは、「溺れる」という意味で、冷たいジェラートに熱々のエスプレッソをかけていただきます。

 エスプレッソコーヒーに溺れたジェラート……溶けかけたジェラートがたまらないおいしさです。

グラニータ・ディ・カフェ

グラニータ・ディ・カフェ
グラニータ・ディ・カフェ

 グラニータ・ディ・カフェも有名なスイーツで、エスプレッソ味のかき氷に生クリームを添えた氷菓子。夏の定番です。

 日本のかき氷と違うところは、シロップをかけるのではなく氷自体に味をつけて凍らせていることです。

タッツァドーロのグラニータ
タッツァドーロのグラニータ

 ローマにある、自家焙煎しているコーヒー専門店タッツァドーロのグラニータは、カプチーノとともに、おいしいと評判です。

 どちらもエスプレッソ好きなイタリア人らしい、エスプレッソコーヒーを使ったドルチェです。

イタリアの伝統スイーツ&定番の甘いパン

伝統的な揚げ菓子たち

 また、イタリアの伝統的なお菓子の特徴を挙げると、揚げたものが多いといえます。

 カーニバルの時期限定のフラッペやカスタニョーレは、その代表的なものになります。

フラッペ

フラッペ
フラッペ

 フラッペは地方によって呼び名が変わり、ミラノやナポリでは「キアッケレ」、トリノでは「ブジエ」、中部では「チェンチ」、ヴェネチアでは「ガラーニ」と呼ぶそうです。微妙に形が違ったりしますが、お味はほぼ一緒です。

オーブンで焼いたフラッペ
オーブンで焼いたフラッペ

 最近では揚げずにオーブンで焼くバージョンも出ており、我が家ではそちらのほうがお気に入りです。

カスタニョーレ

カスタニョーレ
カスタニョーレ

 カスタニョーレは、一口サイズのドーナツようなお菓子です。

 リコッタチーズが入ります。

ゼッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ

ゼッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ
ゼッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ

 イタリアの父の日(3月19日)にいただくスイーツ、ゼッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ。シュー生地を揚げて、カスタードクリームを詰めたものです。

 カスタードクリームは中にも上にもたっぷりと、アマレーナというサクランボのシロップ漬けをのせます。

 シチリアの最も有名なスイーツ、カンノーロも揚げ菓子です。

カンノーロ

カンノーロ
カンノーロ

 カンノーロは、揚げた生地の中にはリコッタクリームとピスタチオが入っています。

 「ゴットファーザー」の映画にも出てきますね。

 もともとは復活祭の時に食べられていたスイーツでしたが、あまりの人気に今では一年中作られています。

 シチリア島に行くと注文を受けてからリコッタクリームを詰めてくれるお店があり、出来立ては揚げた生地の部分がパリッとしていておいしかったです。

ストゥルッフォリ

ストゥルッフォリ
ストゥルッフォリ

 ナポリのクリスマス菓子、ストゥルッフォリ。レモン風味の生地を小さくまとめて、揚げてからハチミツをかけて固めます。

 上の写真ではリース形に作っていますが、ふつうは小皿に円形に盛り付けます。

甘いパンが定番の朝ごはん

 揚げ菓子は、どれもおいしいけれどプラスたっぷりクリームで、カロリーが高いのが気になりますね。

 また、パン菓子が多いというのも、パスタやピッツァといった小麦文化のイタリアらしい特徴です。

 スイーツとは少し離れてしまいますが、前にもご紹介したようにイタリアの朝ごはんは 甘いパンがほとんどです。

コルネット

コルネット
コルネット

 コルネットは、一瞬普通のクロワッサンのように見えますが、生地は甘くバターは使っていません。中にはチョコレートクリームやジャムなどが入っているものが多いです。

イタリアの朝食は、甘いパンとカプチーノ
イタリアの朝食は、甘いパンとカプチーノ

 写真は、甘いパンとカプチーノをいただく、イタリアのよくある朝ごはん。

 ビタミンが足りないなんて言う人は、これにスッコ・ディ・アランチャ、フレッシュオレンジジュースを添えたりします。

 この甘いパン、ハマります。今では食べたいものの一つになってしまいました。

 そして、パン菓子の代表的なものがクリスマスから年末にかけていただく

 パンドーロとパネットーネでしょう。

パンドーロ

パンドーロ
パンドーロ

 パンドーロの中には何も入っておらず、ふかふかの卵をたっぷり使った生地です。

 スポンジケーキのようですが、ふわふわというよりは弾力があり、「パンドーロ」という名前は“黄金のパン”という意味です。

パネットーネ

パネットーネ
パネットーネ

 「大きなパン」という意味のパネットーネには、干しブドウや砂糖漬けの

 フルーツが入っています。

 どちらも天然酵母で2~3日かけて発酵させるので、独特な味と食感が生まれます。イタリア人のクリスマスには欠かせないものです。

 11月下旬になると、スーパーやお菓子屋さんにはカラフルなパンドーロやパネットーネが並びます。このスイーツはクリスマスからお正月にかけていただくものなので、1月上旬すぎると半額くらいになって売りさばくスーパーがあります。

 それを狙って3つも4つも買っていくイタリア人をよく見かけたものです。

コロンバ・パスクアーレ

コロンバ・パスクアーレ
コロンバ・パスクアーレ

 パン菓子というと、コロンバ・パスクアーレも有名です。

 平和のシンボルである鳩が羽ばたいている形のこの焼き菓子は、卵チョコなどとともに復活祭に欠かせないお菓子になりました。

ネーミングが楽しいイタリアスイーツ

 さて、ここで、面白いネーミングのスイーツをご紹介します。

ブルッティ・マ・ヴォーニ(不格好だけれどおいしい)

ブルッティ・マ・ヴォーニ
ブルッティ・マ・ヴォーニ

 卵白とアーモンドで作る焼き菓子です。

 卵白1個分あればできちゃうのでお手軽です。

オッキ・ディ・ブエ(牛の目)

オッキ・ディ・ブエ
オッキ・ディ・ブエ

 「牛の目」という名前のビスコッティ。確かに目に見える……? 真ん中は「ヌテラ」というチョコレートスプレッドやジャムをのせます。

セミフレッド(半分冷たい)

セミフレッド
セミフレッド

 「半分冷たい」という意味のアイスケーキです。長方形に作るのが特徴で

 季節のフルーツやナッツ類 コーヒーやチョコレート味などで作ります。

バーチ・ディ・ダーマ(貴婦人のキス)

バーチ・ディ・ダーマ
バーチ・ディ・ダーマ

 チョコレートクリームを挟んだアーモンド風味のサクッとしたクッキー。コロンとした形が唇に似ているということから、「貴婦人のキス」の名が付いたといわれています。

ディータ・ディ・アポストリ(12使徒の指)

ディータ・ディ・アポストリ
ディータ・ディ・アポストリ

 「12使徒の指」という名のスイーツは、クレープ生地のように薄い卵白の生地でリキュールをきかせたリコッタチーズを包み、ハチミツとカカオを振ったものです。プーリア州の伝統的なスイーツの一つです。

 上の画像はクレープ生地で作っています。

トルタ・デッラ・ノンナ(おばあちゃんのタルト)

トルタ・デッラ・ノンナ
トルタ・デッラ・ノンナ

 タルト生地にカスタードクリームを詰め、松の実と粒砂糖をのせた優しいお味のタルトです。

トルタ・パラディーゾ(パラダイス=天国=のケーキ)

トルタ・パラディーゾ
トルタ・パラディーゾ

 天国のようにおいしいというこのケーキは、小麦と同量の片栗粉を使うのが特徴で、ほろっとくずれる軽い食感のケーキです。上の画像はレモンを加えてさらにさわやかに仕上げています。

 そのほか、画像はありませんが

ズコット(聖職者の帽子ケーキ)

 ドーム型のケーキでカトリック聖職者の帽子に形が似ていることからこの名前がついたといわれています。

ズッパ・イングレーゼ(イギリスのスープ)

 「ズッパ」はスープという意味ですがここではスポンジやパン生地に水分をしみこませることを言い、ズッパ・イングレーゼはスポンジ生地をリキュール入りのシロップで湿らせカスタードクリームとともに層にしたケーキです。

 真っ赤なリキュールアルケルメスを使うのが特徴です。

 イタリアの地方には面白いネーミングのお菓子がいっぱいありますね。

イタリアの地方色豊かな個性派スイーツ

 さて次に、地方色豊かな個性の光るスイーツをご紹介します。

ストゥルーデル

ストゥルーデル
ストゥルーデル

 オーストリアと隣接するトレンティーノ州発祥のイタリア風アップルパイです。

 パイ生地を薄く伸ばしてリンゴを包み焼き上げます。

 画像はりんごでなくサクランボで作っています。

トルタ・ディ・タリアテッレ

トルタ・ディ・タリアテッレ
トルタ・ディ・タリアテッレ

 ロンバルディア州やエミリア・ロマーニャ州には、タリアテッレやタリオリーニを使ったスイーツがあります。

 画像はアレンジしてミルフィーユ風にデコレーションしています。

トルタ・ディ・カスターニャ

トルタ・ディ・カスターニャ
トルタ・ディ・カスターニャ

 栗の産地のトスカーナ州の焼き菓子です。栗の粉で作る伝統的なスイーツ。

クロスタータ

クロスタータ
クロスタータ

 エミリア地方の定番スイーツですがイタリア全土で親しまれているタルトです。

 中はブルーベリーやアンズなどのジャムを詰めて焼き上げます。

 どこのお菓子屋さんにも必ずといっていいほどおいてあり、ホテルなどでは朝食にも出されたりします。我が家の娘も、小さなころからこのタルトが大好きで、お誕生日の時よく作っていました。簡単なので家庭でもよく作られます。

スカルペッレ

スカルペッレ
スカルペッレ

 モリーゼ州のジャガイモのピュレが入った、ふんわりもちっとした揚げ菓子です。

 野菜を売る店が少ないといわれているモリーゼ州は、保存のきくジャガイモが重宝され、スイーツにまで加えたといわれています。

スフォリアテッラ

スフォリアテッラ
スフォリアテッラ

 ナポリの貝殻の形をしたパイ菓子ですが、バターではなく小麦粉を水とラードでこねているのが特徴です。中にはリコッタクリームが入っています。

カッサータ

カッサータ
カッサータ

 アラブの影響を受けたシチリアのスイーツ。リコッタを包んだスポンジを緑に着色したマジパンでくるみ、フルーツの砂糖漬け、白い糖衣で飾り付けます。

 現地のものは想像を絶する甘さです……。

セアダス

セアダス
セアダス

 サルデーニャ島の伝統的スイーツです。

 羊がたくさんいるサルデーニャならではで羊のチーズを、セモリナ粉を加えた生地で包んで揚げて、ハチミツをかけていただきます。

トルタ・カプレーゼ

トルタ・カプレーゼ
トルタ・カプレーゼ

 イタリア南部ナポリの沖合30キロのところにある小さな島、カプリ島で作られたチョコレートケーキです。小麦粉を使わずに刻んだナッツ類で作るのが特徴です。アーモンドをはじめとしたナッツ類が豊富なカプリ島ならではのケーキです。粉砂糖をたっぷりかけます。

 画像はバレンタイン用にハート型にしています。

ボネ

ボネ
ボネ

 ピエモンテ州のマカロンの原型といわれている、アマレッティビスコッティ入りのチョコレートプリンです。

 アーモンドの香りがして、少しざらっとした食感が楽しいです。

カントゥッチ

カントゥッチ
カントゥッチ

 トスカーナ州発祥の、世界的に知られているイタリアを代表するビスコッティです。2度焼きすることでカリッとした食感になり、エスプレッソや食後酒の甘口ワイン「ビンサント」につけていただきます。

 上の画像は残った節分豆でカカオ風味に作ったものです。

チャンベリーノ・アル・ヴィノ

チャンベリーノ・アル・ヴィノ
チャンベリーノ・アル・ヴィノ

 どこの州というわけではなくイタリア全土にありますが、ワイン好きなイタリア人らしい発想の、ワイン入りのビスコッティです。

 アニスシードも入っていて独特の香りがします。

春ならではのケーキに、忘れられない特選スイーツ!

季節を楽しむ、この春も定番のケーキたち

 春になると、どこの店にも並ぶケーキを2品ご紹介します。

ミモザケーキ

ミモザケーキ
ミモザケーキ

 一年中ありますが、特にミモザが咲き始めるころ、よく目にするケーキです。

 スポンジを細かく切ってミモザの花のように見立てています。

 中はカスタードクリームで いちごやチョコチップが入ります。

トルタ・プリマヴェーラ

トルタ・プリマヴェーラ
トルタ・プリマヴェーラ

 「春のケーキ」という名前。アプリコットジャムを挟むのが特徴で、シンプルなおいしさです。

ため息の出るおいしさ! 忘れられないドルチェ3品

 最後に、今でも忘れられないイタリアンドルチェ……。

 思い出したらきりがないのですが、「あぁ~また食べたいな~」と今でも思いだすものです。

ソスピーロ

ソスピーロ
ソスピーロ

 「ため息」という名のこのスイーツ、食べると本当にため息の出るおいしさ。

 カラブリア州のラメツィア空港の近くのダミアーノ(Damiano)というお店のものです。シュークリームのようにサクッとした生地ではなくてふんわり柔らかです。中のクリームはイタリアにしては 甘さが控えめで上品なお味。特にレモンクリームは最高でした。

ジョジョのババ

ジョジョのババ
ジョジョのババ

 ババというお菓子はナポリ名物で、ラムシロップをたっぷり湿らせたブリオッシュ系のパン菓子です。いかにも“ナポリのマンマ”といった感じのジョジョが作るババは最高においしく、忘れられないお味です。

モンディのジェラート

モンディのジェラート
モンディのジェラート

 「モンディ」という名前のバール兼お菓子屋さんが家の近所にあって、一年中通っていました。スイーツももちろんおいしかったのですが、そこのジェラートが大好きでよく食べに行っていました。

 あぁ~「どこでもドア」があったら飛んで行って食べたいです~。

まだまだ、たくさんあるのですが……

 さて、初めて見るイタリア菓子はありましたか?

 実は、まだまだご紹介しきれなかったものがいっぱいです。

 イタリアではランチやディナーの後、必ずといっていいほどドルチェを食べます。もちろん甘いお菓子だけでなくフルーツだったりもしますが……。

 そして、どのドルチェもすごく甘いものが多いです。

 イタリア人が言うには、食事にほとんど砂糖類が使われていないから、最後に甘いものを食べてバランスがとれるのだそうです。

 確かにイタリアンのレシピには、カポナータなど例外もありますが砂糖を加える料理はほとんどないです。

 そして甘いものが嫌いなイタリア人はいません。老若男女、甘いものが大好き。

 ビシッとスーツを着こなしたイケメン君がジェラートをおいしそうに食べている姿を見かけると、なんだかほほえましく感じます。

 見た目よりも味で勝負のイタリアのドルチェ、食べてみて初めてそのおいしさと魅力に気づかされることがあります。毎日食べても飽きることがないのもポイントです。そしてそれは、ドルチェに限らずイタリア料理全般に言えることかもしれません。

 人生を楽しむことに長けているイタリア人にとって、ドルチェは特別な時だけに食べるものではなく、毎日の生活の一部です。

 まさにドルチェ・ヴィータ、甘い人生ですね。

ホットケーキミックスで作るミモザケーキ

【材料】
卵5個
グラニュー糖80g
豆乳(または牛乳)30cc
サラダ油30cc
ホットケーキミックス150g
マスカルポーネチーズ100g
生クリーム100cc
バニラエッセンス3滴
グラニュー糖40g
イチゴ8粒

【作り方】
①卵を卵黄と卵白に分けて、卵黄にグラニュー糖の半量(40g)、豆乳、サラダ油を入れよくかき混ぜ、ふるったホットケーキミックスを加えてよく混ぜ合わせる

②卵白に残りのグラニュー糖(40g)を加え、ツノが立つまでハンドミキサーで泡立てる

③①の生地に泡立てた卵白を加えてしっかりかき混ぜ、直径12cmの丸型に8分目まで入れたら、残りを直径10cmの丸型に入れ、180℃に温めたオーブンで20~30分ぐらい焼く

④ボウルに泡立てた生クリームとマスカルポーネチーズ、グラニュー糖、バニラエッセンスを入れ、なめらかになるまでかき混ぜる

⑤粗熱が取れた直径12cmのスポンジケーキは、水平に半分に切り、下側のスポンジに④のマスカルポーネクリームをのせて刻んだイチゴ5粒を散らし、残りのスポンジを重ねる

⑥10cm型で焼いたスポンジは、焼き色のついた部分を切り落として細かく刻む

⑦⑤のケーキ全体にマスカルポーネクリームを隙間なく塗り、⑥の刻んだスポンジを全体に張り付ける

⑧真ん中にクリームを少しのせ、薄切りにしたイチゴを飾る