フルタイムで働きつつ、3人のお子さんを育てている山田さん。育児と仕事と、スケジュール管理に苦労した山田さんが行きついた手帳術とはどんなものなのでしょうか? 働くお母さんが直面しやすい特有の問題点を解決してくれる手帳を見つけたそうです。(写真=iStock.com/LIgorko)  

なぜスケジュール管理が難しいのか?

Q 育休中でしたが、春から職場復帰します。仕事はフルタイムなので、育児と仕事のスケジュールをどう管理していけばいいのか悩んでいます。まったく予定も進み方も違う仕事と育児。手帳を使い分ければいいのかな、と思っても、具体的にどうすればいいか悩み中です。山田さんはどうやって管理していますか?

 もうすぐ春! 保育園の入園結果も出そろい、

 いよいよ職場復帰という方も多いのではないでしょうか。

 仕事は子どもがいるから、とは関係なしで進むし、

 保育園、小学校の行事や提出物も目白押し。

 それに合わせて準備しなきゃいけないものもある。

 余裕をもって仕事のスケジュールを管理していても、

 子どもの体調不良でスケジュールがすべてリセット!

 ということも多々あると思います。

 私もフルタイム自営+子ども3人の

 育児をしているので

 管理方法にはかなり試行錯誤しました。

手帳を使い分けてみたらどうだった?

 仕事が忙しくなってきたとき、

 子どもが増えたとき、

 そのたびに手帳の使い方を見直し、

 試行錯誤してきました。

 もちろん、手帳の使い分けも試しました。

 でも……

 仕事の帰りに家の用事を済ませたり、

 休日は家の買い出しと一緒に仕事のものを買ったり、

 1日の中でも午前は仕事して、

 午後から学校の保護者会、

 土曜日に学童の集まりがあって

 そのあとに仕事の事務処理など。

 働くお母さんは1日の中に仕事と家の用事が入り乱れています。

 だから手帳を使い分けると「ついで」に済ませることが

 できた用事ができず時間の無駄が多くなり、

 まったく用事が終わらない!

 一番困ったのは子どもの体調不良。

 子どものために休むと仕事の予定を全部リセットです。

 このとき手帳を使い分けていると柔軟に対応できず

 早々に手帳一冊で管理しよう!という結論に達しました。

山田綾子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ