パリの美味しい日常が日本にやってくる!

印刷用を表示
2018/03/13 19:00

パリで人気のパティスリー・ブーランジェリーが、今春日本に上陸します。世界初の海外店だそうで、早くもオープンが待ちきれません……!

 この春3月24日(土)、フランスのパリにある「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー(LIBERTÉ LA PÂTISSERIE BOULANGERIE)」が、東京の吉祥寺に海外1号店をオープンします。

 リベルテは、パリ10区にある人気のパティスリー・ブーランジェリー。どこか懐かしさを感じさせる素朴な見た目とシンプルで飽きのこない優しい味で、パリの人々を魅了しています。全面ガラス張りのパリ本店は、老若男女問わず、いつもお客さんでいっぱいなのだとか。

工房の様子も見えるオープンな作りのお店です

工房の様子も見えるオープンな作りのパリ本店

 リベルテの看板商品は、タルトシトロンとタルトタタン。どちらも、“ザ・フランスの伝統菓子”というイメージがありますが、リベルテはそこに現代的なテイストを掛け合わせています。お店に行った時は、ぜひともこの2品はゲットしたいですね。

確かにパンの見た目は素朴な感じです

パンは自家製酵母で作られていて、素朴で深い味わいなのだそうです。

 そんなリベルテが、この春オープンする吉祥寺店で目指すのは「100年前からそこにあるかのような、親近感のある店」。パリの本店と同じように、街の人々の生活に根ざしたお店になっていくのでしょうか。

吉祥寺店にはカフェスペースもあります
吉祥寺店にはカフェスペースもあります

 透明性・親近感・品質を大切にしながら、フランス人の生活に寄り添ってきたというパティスリー・ブーランジェリー「リベルテ」。フランス人の美味しい日常を日本でも味わえるなんて、嬉しい限りです。

関連リンク

これもおすすめ