老舗の梅干し店が開発した新感覚調味料

印刷用を表示
2020/12/18 05:00

梅×唐辛子の意外な組み合わせに、思わず虜になる?! 和歌山で先行発売され好評だったという「SPICY SAUCE」2種が数量限定セットで発売されました。

 明治時代に梅農家からスタートし、3代100年にわたり梅干し店を営んできた「紀州梅本舗」。

 令和に入り新しい時代が始まる中、梅干しだけでなく梅干しや和歌山県の特産品を使った新しく、おもしろい商品をつくりたいと、発足されたプロジェクト「UME LAB by 紀州梅本舗」から、第一弾の商品が発売されました。

 それが「SPICY SAUCE」。唐辛子、こだわりの紀州産南高梅、胡椒を、辛さだけでなく旨みが引き立つように配合した新感覚の調味料です。

 味は2種類。まず『SPICY 梅 SAUCE』は、紀州産南高梅のフルーティーな風味がしっかりありながら、後からくる辛さで病みつきになります。おすすめの食べ方は、ピザ。チーズのこってりさを梅でさっぱりと、ピリッとくる唐辛子の辛さで何枚でも食べられちゃいます。

 もうひとつのフレーバー『SPICY しそ SAUCE』は、梅の風味に加え、青じその爽やかさもプラスされた品。おすすめの食べ方は焼きおにぎりで、味噌と混ぜておにぎりに塗って焼くと、しびれる辛さの中に青じその爽やかさが香る、大人の焼きおにぎりになります。

 料理にはもちろん、ぽん酢やマヨネーズなどの調味料とあわせてもおいしくいただけますよ。

 現在、オンラインショップにて数量限定セットで販売中です。

【数量限定・送料無料】SPICY SAUCE2本セット(梅・しそ) 1,000円(税込)
【数量限定・送料無料】SPICY SAUCE2本セット(梅・しそ) 1,000円(税込)

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/12/18 05:00
2020/12/18 05:00 /article/detail/3836