和歌山の食材を「コンプリート」したくなる特産スイーツ

印刷用を表示
2021/01/02 12:00

コロナ禍で苦しい状況が続くなか、和歌山県内の特産品を扱う事業者さんたちが「和歌山に行ってみたいね」と思ってもらうことを目標に特産品を使ったスイーツBOXを作りました。

 北から南まで和歌山の12の特産品や素材が「新商品スイーツ」に変身、おそろいのパッケージになった「地域特産品スイーツ統一BOX」がクラウドファンディングに登場しました。

 安珍清姫伝説で有名な道成寺の参道にあるお土産・お食事処「あんちん」は、昨年から和歌山県内の特産品を扱う事業者さんたちと地域アンテナショップを作るためにミーティングを重ねていました。

 その最中に起きた新型コロナウイルスの大流行。毎年10万人は観光客が訪れる道成寺近辺も往来は減ってしまいました。同様に、企画に参加する事業者さんたちはどこも厳しい状況に立たされています。

 それでも、このコロナに立ち向かおう! 全く新しい味、カタチ、見た目の商品を作り「和歌山って面白いね!」「今度行ってみたいね!」といわれるようなものを作ろうと考えて出来上がったのが、この「地域特産品スイーツ統一BOX」です。

 和歌山といえば、梅、みかんなどは、有名ですが他にも、海、川、山の特産物があります。例えば、歌山太地町の「鯨」や湯浅の「しらす」、有田の「紀州鴨」。

 12のこだわりぬいた特産物・素材を百戦錬磨のスイーツ職人さんたちが、あーでもないこーでもないといいながら、スイーツに仕立て上げました。

 地域特産品スイーツは全部で12種類。和歌山の新しいおいしさを家で試して、コロナが落ち着いたら現地に足を伸ばしてみるのも良いかもしれませんね。

 紀州備長炭パウンドケーキ(あんちん)/糀の⽢酒ロッシェ(樽の味)/金ごまフィナンシェ(大覚総本舗)/リアル鴨サブレ(太田養鶏場)/しらすチーズパイ(前福)/くじらクッキー(重大屋由谷商店)/梅ブラウニー(いなみの里梅園)/あらかわの桃ゼリー(八旗農園)/まりひめ苺バームクーヘン(郷土銘菓処ふく田)/⻘梅スイートケーキ(岩本食品)/梅酒マドレーヌ(紀州本庄うめよし)/みかんジャム(観音山フルーツガーデン)

 クラウドファンディングのCAMPFIREで1月30日まで購入できます。
「地域特産品スイーツ統一BOX」6個セット3,000円
「地域特産品スイーツ統一BOX」12個セット通常価格6000円→CAMPFIRE特別価格5,500円
「地域特産品スイーツ統一BOX」24個セット通常価格12000円→CAMPFIRE特別価格10,000円

みんなの暮らし日記ONLINE 2021/01/02 12:00
2021/01/02 12:00 /article/detail/3838