追われないおせち作りのやることリスト

印刷用を表示
2020/12/26 05:00

昨年の年末に掲載した特集『「手づくりおせち」のやることリスト』のポイントをまとめました。クリスマスが終わったら、すぐにやってくる大晦日・お正月。少しずつ、おせち作りの準備を始めましょう。

もうこれは始めたい!まずは道具の準備から

 近いうちに百円ショップや雑貨店、百貨店に行く機会があったら、重箱に詰める時に使えそうな小皿やピック、飾りなどを購入しておきましょう。

 直前になると、意外と売り切れていることも多いので、元旦の食卓に欠かせない祝箸や裏白、千両などもスーパーで見かけたタイミングで買っておくのがベター。

 また、おせち作りの時にしか使わない料理道具は多いので、いざ作るという時に探さなくていいように、ひと通り確認しておくとスムーズです。

食材の買い忘れにも要注意

 慌ただしい年末。「あれ買い忘れた~」と家とスーパーを何回か往復してしまうこと、ありませんか?

 こちらの記事では、賞味期限を気にせず今すぐ買っておけるもの、冷凍庫のスペースがあれば買っておきたいもの、直前に買い忘れないようにしたいものの3つに分けて、買い物リストを載せています。お買い物のリストを作る時に、参考にしてみてくださいね。

【今年こそ手づくりおせち】食材の買い物リスト
https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2260

作り置きできるものは早めに作っておくと◎

 おせち料理の中には、比較的保存のきくものがあります。中には下準備から完成までに2日ほどかかるものもあるので、そういったものこそ、時間を見つけてコツコツ作り置きしておきましょう。

たとえば、黒豆は冷蔵で5日間保存できます
たとえば、黒豆は冷蔵で5日間保存できます

 こちらでは、5日前くらいから作り置きできるおせち料理を紹介しています。

おせち料理はコツコツ作り置きをしよう!
https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2262

ていねいにおせち作りを楽しむなら、29日に下ごしらえを済ませたい

 品数が多くて、アワアワしてしまうおせち作り。コンロや鍋の数にも限りがありますから、賢く進めたいものです。

たくさん使う出汁は、保存容器やペットボトルに入れて冷蔵保存しておくと便利!
たくさん使う出汁は、保存容器やペットボトルに入れて冷蔵保存しておくと便利!

 この記事では、12月29日からのやることリストを紹介しています。

追われないおせち作り。29日からのやることリスト
https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2261

 いつ・何を・どこまで作っておくといいか、じっくり考えて行き着いたリスト。ポイントは、12月29日に乾物を戻しておいたり、出汁をとっておいたり、野菜の飾り切りをしておいたり、下準備を済ませておくことです。下ごしらえが済んでいると、30日と31日にサッと料理に取り掛かれます。

盛り付けが苦手な方へ「盛り付けの8つのポイント」

 盛り付けは、おせち作りのクライマックス。せっかく作った料理、できるだけきれいに盛り付けたいですよね。

 ポイントは、【1】盛り付けのイメージをかためておく【2】正面を決める【3】料理がすべて冷めてから詰める【4】汁気はしっかり切ってから詰める【5】重箱の中に仕切りを作る【6】正月用のあしらいを使う【7】高さを出して立体的に盛り付ける【8】隣同士の料理は反対の色にする の8つです。

 それぞれのポイントについて詳しく説明しているので、よろしければこちらもぜひご覧ください。

おせちの盛り付けが上手くいく「8つのポイント」
https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2267

 1年を無事に健やかに過ごせるように、いろいろな想いを込めて作るおせち料理。こんな年こそ、大切な人の幸せを想いながら、自らの手を動かしてていねいに作りたいですね。



みんなの暮らし日記ONLINE 2020/12/26 05:00
2020/12/26 05:00 /article/detail/3849