みんなのおいしいお弁当

意外に簡単! おいしい手作り常備菜(前編)

手作りツナとアボカド丼の朝ごはんはいかが?

 濃厚でおいしいツナアボカド丼の朝ごはん。手作りツナフレークをたっぷり使って作りました。

 この丼にのっけた手作りツナは、ツナフレーク50gにつき、 チューブわさび1~2cmにゅる、3倍濃縮めんつゆ 小さじ1、マヨネーズ 大さじ1を混ぜ混ぜ。

 そして、ごはん、アボカド(レモン汁をまぶしておく)、混ぜ混ぜしたツナ、卵黄、小ネギをのせています。

 さて、簡単すぎて拍子抜けしちゃうツナフレークの作り方をご紹介します。

びん長マグロで作る贅沢なのにコスパ抜群の「ツナフレーク」

【材料】
 刺身用びん長マグロやキハダマグロのサク 200g(100円/gくらいで買えると嬉しい!)
 オリーブオイル 150ml
 塩 小さじ1/2

【作り方】
(1)特売のマグロのお刺身を1~2センチ角のサイコロに切る。

(2)鍋に入れ、オリーブオイルをひたひたに注ぎ、火をつける(オリーブオイルで煮ることで臭みなく仕上がります)。

(3)両手にスプーンとお箸などを持ち、加熱しながらパラパラにほぐす。

(4)ほぐしが完了すると、オリーブオイルはほとんどマグロに吸われてなくなります。

(5)最後に塩を混ぜ入れて出来上がり。

 市販のツナ缶、80g入りで100円ほどしますね。もっと安いものは原料がカツオだったりします。刺身用のマグロで簡単に贅沢なツナフレークができちゃうんですよ。

 多めに作って、ラップに平らに広げて冷凍し、パキパキ折って使えば、いつでも本格贅沢なツナフレークを楽しめます。

 オリーブオイルを使っているので冷蔵庫の中で油が固まってしまいます。そのまま食べるときは食べる分だけ取り分けて、少しレンチンしてください。オリーブオイルが冷えて固まるのは、その性質上当たり前なんです。他の油だとマグロの臭み消しの目的が薄れてしまうので、ちょっと不便と思ってもオリーブオイルをおすすめします。

母熊さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ