みんなのおいしいお弁当

意外に簡単! おいしい手作り常備菜(前編)

平日の朝だって、ホワイトソースレシピが可能に!

 このシチュー、平日の朝飯前仕事。ちょちょちょちょっとできてしまうクイックレシピのホワイトソースでシチューを作りました。

 このホワイトソースレシピなら、平日の朝ごはんだってグラタンやシチューが作れちゃいますよ。

フライパンひとつでクイック「ホワイトソース」

【材料】
 玉ねぎ 中~大1個(薄切りにする…と言っても5mm幅くらいでOK)
 バター 30g
 小麦粉 30g
 牛乳 600ml
 茅乃舎野菜だしパック 1袋(コンソメだと2個くらい)
 塩 適宜(コンソメの場合は、味を見ながら加減してください)

【作り方】
(1)フライパンを熱してバターを溶かし、玉ねぎを炒める。

(2)玉ねぎが透き通ってきたら小麦粉を全体にふりかけるように入れてさらに炒める。

(3)冷たい牛乳を一気に入れて混ぜながら加熱する。

(4)とろみがついてきたらコンソメの類、塩を入れて混ぜながらいい感じのとろみになるまで煮詰める。

 ↑ここまででグラタンのホワイトソースのとろみ具合

 シチューにするには100~150mlくらい水を足します。何か具材がないとダマができやすくなるので「玉ねぎ」としています。具は何でもいいんです。具材に粉を絡めて炒め冷たい牛乳を一気に入れるとダマはまったくできません。

 上記の基本量で作ったら冷凍しておいても便利ですよ。ジッパー付き袋に入れて薄く伸ばして、割りやすいよう上から箸で筋をつけておくと、割ってチンして茹で野菜にかけて、チーズをのせて焼けばお弁当の一品にもなりますし、調味料に気を付けて作れば離乳食にも使えます。

 画像のシチュー、人参はたまねぎと同じタイミングで投入して一緒に炒め、仕上がり直前に牡蠣のオイル煮と作り置きの塩茹でブロッコリーを入れています。

 鶏やベーコンやウィンナーをはじめから一緒に炒めて使ってもいいし、冬ならではの白菜たっぷりもいいですね。

 実は母熊、この3品とも市販品を買っていました。作り始めた時期やきっかけはそれぞれですが、ほんの少し視点を変えたり、人から聞いたことにトライしたものです。皆さんもこのレシピでまず一歩踏み出してみてください。市販品のときは何も言わなかったご家族も、お母さんが作ってくれたとわかったら、きっと笑顔になりますよ。

Writer PROFILE

  • 母熊さん


    Instagram:@rosso___


    3人の子どもに夢中で過ごした子育て期を終え、夫とふたり第二の人生をささやかに楽しむ暮らしが始まりました。フルタイムワークの会社員ですが、私自身のライフワークそしてスキルアップの場としてInstagramは欠かせません。埼玉の片田舎で大地の恵みと生きる日々を  #お昼が楽しみになるお弁当  のハッシュタグにのせて発信しています。

母熊さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ