スーパーでお酒を買う時のヒントに

印刷用を表示
2018/03/10 00:00

先日サントリーの商品発表会があったので、説明を伺ってきました。その中で、編集部がいいな、と思ったものをご紹介したいと思います。お酒を買う時の参考にしていただければ嬉しいです。

今日はお酒のお話です

 こんにちは、編集部のイトウです。

 突然ですがみなさんはお酒を飲まれますか? 晩酌を欠かせない方もいれば、まったく飲まない方、時々のリラックスタイムに飲むという方など様々かと思います。そろそろ暖かくなるのでお花見をしながら、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 私は毎日とまではいきませんが、良いことがあった日や「何だか飲みたい気分」という時にお酒を楽しみます。とはいえ、お酒には詳しくないのでスーパーで何となく見覚えのあるものを何となく購入しています。

 そのため「日本酒やワインの専門店で買うほど詳しくならなくても良いけど、おいしいお酒を選べると良いのにナァ」なんて思ってしまいます。高級なお酒を飲みたいというより、スーパーで買えるお手頃なお酒でも「このお酒はココが良い、おいしい」ときちんと意識して選びたいといいますか。

 そんなことをボンヤリ考えていたところに、タイミング良くサントリーさんの商品発表会の案内が来たので行ってきました! 本記事ではイトウが試飲をしたりお話を聞いたりして、良いなぁと思ったお酒を紹介したいと思います。

色々なお酒やドリンクがありました!
色々なお酒やドリンクがありました!

オレンジの皮ひと絞りでこんなに変わる!

 たまにはゆっくりした時間を過ごしたい時や、気の置けない友人との食事会の時におすすめしたいのが「Maker’sMark」のハイボールです。ハイボールというと、ビールの代わり・居酒屋の飲み物というイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 Maker’sMarkは蜂蜜のようなとろりとした琥珀色に、オレンジのような香りと柔らかい口当たりが特徴のバーボン・ウイスキー。ハイボールにして一口飲めば、炭酸の弾ける爽快感と、華やかだけれど優しい香りが鼻を抜けます。これを飲むと多分、ハイボール観が一変しますよ。

このボトルが目印。よく見ると一つひとつ赤い部分のデザインが異なります。実は1本ずつ赤い蝋を使って、手作業で封蝋しているのだそうです。
このボトルが目印。よく見ると一つひとつ赤い部分のデザインが異なります。実は1本ずつ赤い蝋を使って、手作業で封蝋しているのだそうです。

 さらに試していただきたいのは、オレンジピールをグラスの横から絞り入れるという一手間。これだけで香りに奥行きが出て、もっと飲みやすくおいしくなります。本当に印象が変わって、試飲の時に思わず驚きの声を上げてしまいました。

 横から絞ることで、苦味をグラスに入れず香りだけを移すことができるのだとか。同じ柑橘系でもレモンだと、どうしても苦味が出てしまうそうなので、オレンジがオススメ。ちなみにスーパーの果物コーナーで売っているオレンジの皮を剥いて使えばOKとのことです。

おいしいハイボールの作り方

 教えていただきました。ぜひ、お試しください。

 氷たっぷりのグラスにウイスキーを入れてしっかりと混ぜます(ウイスキーとグラスを冷やすため)。次にソーダをゆっくり注いで、炭酸が抜けないようタテ方向に1回混ぜて、オレンジピールを軽く絞って完成。

 ウイスキーとソーダは1:4で!

日本ならではのジン

 もう一つ、発表会で出会ったお酒で素敵だったものが「ROKU」という名前のジンです。

 ジンは蒸留酒にボタニカル(草根木皮)で香りをつけたお酒です。「ROKU」はその名の通り日本ならではの6種類のボタニカル(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)と、8種類の伝統的なボタニカルが使用されています。

 しかも、日本のボタニカルはそれぞれの旬の季節に収穫されたものを使用し、香りや味わいをきちんと抽出するために、各素材に合わせて蒸留方法を変えているとのこと。とても丁寧に作られています。

 こんな話を聞いてワクワクしながらソーダ割を試飲してみたところ、ジンの独特の香りはもちろんあるのですが、それとは違う、どこか落ち着いた甘さみたいなものを感じました。「ほのかな桜の甘みやお茶のコク」と説明していただいたのですが、残念ながら私の舌ではそこまでの判別は難しく……。

 とはいえ、すっきりとしたキレと植物由来のほのかな香りは、ウイスキーやビールにはない飲み口でおいしかったです。和食との相性が抜群との説明を受けたのですが、絶対に間違いないと思います。甘すぎないお酒が好きな方は、ROKUも気にいるのではないでしょうか

ちょい足しで色々楽しめます

 ROKUはジン:ソーダ1:5の割合が飲みやすく、食事にも合わせやすいとのこと。ROKU30ml、ソーダ150mlがちょうど良い量かもしれませんね。そして、このソーダ割に色々なものをちょい足しすると、また違った味わいを楽しめるそうです。

 たとえばレモン8分の1カットを入れたり、梅干し(塩分濃度8%、軽く潰したものがオススメとのこと)を入れたり、すりおろした生姜を入れたり。生姜はチューブのものでも良いそうです。

 説明をしてくださった社員さんのおすすめは、すりおろした山葵を入れた「六ソーダ山葵」とのこと。一体どんな味なのでしょう……。

  • 1
  • 2

関連リンク

これもおすすめ