翻訳家でお菓子ブログを主宰している森嶋マリさん。今回は、イチゴスイーツのお話。日本では当たり前の甘くてやわらかいイチゴ。世界では実は珍しいんだとか。

オリンピックで釘付けになったのは……

 こんにちは! お菓子ブログ「Single KitchenでSweetsを」のmarinこと森嶋マリです。

 この冬のオリンピックでは羽生結弦選手に落ちました。羽生選手の演技を見て、(特におばさんが)突如ファンになることを“おちる”というのだそうです。そういう言いまわしがあるのを知ったときには、「そんな馬鹿な!」と思いましたが、ふと気づくと、オリンピックでの演技をうっとり見つめていて、「これが“おちる”ということか」と実感したのでした。

 でも、なぜ、いまさら、冬季オリンピックの話題? と不思議に思われそうですね。

 それは、今回の冬季オリンピックでもうひとつとっても気になることがあって、「よし、記事のテーマはそれで行こう!」と決めたからです。

 気になったのはカーリング女子。銅メダルという成績もすばらしいと思いましたが、笑顔での「そだね~」にもとっても心が和みました。

 でも、それと同じぐらい注目を集めたのは、もぐもぐタイム。私は彼女たちが頬張る大粒のイチゴに吸い寄せられました。

 「あれだけ大きくて、甘そうなイチゴは日本産にちがいない!」

 「品種はあまおうだろうか? やよいひめか? それとも、スカイベリー?」

 「オリンピックで全力を出し切るためのエネルギー源として、日本の完熟イチゴを毎日空輸させたの?」

 などと、勝手にあれこれ推測しました。でも、実際には韓国産のイチゴだそうですね。

 いずれにしても、ビタミンCが豊富なイチゴは、スポーツ選手の栄養補給にうってつけと言えそうです。

 栄養面でも納得の選択のイチゴですが、私が注目した最大の理由は単純明快、無類のイチゴ好きだからです。そして、もうひとつの理由は、これまでの海外旅行で日本のように甘くてやわらかいイチゴにはお目にかかったことがないからでした。

 完全なる独断と偏見ですが、私にとって日本のイチゴはキング・オブ・フルーツ。甘さも食感も世界一だと思っています。

森嶋 マリさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ