グラノーラにきな粉バター!余っているきな粉をおいしくアレンジ

印刷用を表示
2021/02/03 05:00

なかなか一袋使い切れないきな粉。みなさんのお宅にも、余らせているきな粉はありませんか? 一度作ったらしばらくの間楽しめる、きな粉のおいしいアレンジレシピを教えてもらいました。

▼目次

 お正月にお餅にかけたくて、おはぎ作りで使うから。必要だから買ったのに、きな粉ってどうしても余らせてしまいがちです。

 使い切れていないきな粉があったら、こんな風に変身させてみませんか? 保存のきくアレンジの仕方を教えてもらいました!

きな粉グラノーラ

 ふんわりときな粉が香る、和の雰囲気のグラノーラです。

 自家製グラノーラのいいところは、甘さを好みに調整できるところ。ナッツやドライフルーツの種類を変えれば、また表情の違ったグラノーラを作ることができますよ。

材料
  • オートミール 300g
  • きな粉 50g
  • Aはちみつ 80g
  • A太白ごま油 大さじ2
  • A豆乳 大さじ2
  • ドライフルーツやナッツ お好みの量
今回はこちらのオートミール、ナッツ、ドライフルーツで作りました
今回はこちらのオートミール、ナッツ、ドライフルーツで作りました
下準備
  1. ナッツとドライフルーツは粗く刻む。今回は干しあんずとかぼちゃの種、アーモンドを使っていますが、お好みのものでどうぞ。
  2. Aを混ぜ合わせ、はちみつが溶けるまでレンジで温めておく。
作り方
  1. ボウルにオートミールとA、きな粉の2/3量を入れて全体をよく混ぜ合わせる。
  2. 天板にオーブンシートを敷いて【1】を広げ150度に予熱したオーブンで45分焼く。15分おきに取り出して全体をかき混ぜ、ムラなく火が入るようにする。生のナッツを使う場合は、焼き始めから30分ほどたったところでグラノーラに混ぜてローストする。
    焼き上がりは全体が茶色に色づいたこの状態。オーブンによって火の通りが違うので、温度や焼き時間は調整してください
    焼き上がりは全体が茶色に色づいたこの状態。オーブンによって火の通りが違うので、温度や焼き時間は調整してください
  3. 温かいうちに残しておいたきな粉を全体にまぶし、完全に冷まして完成。あれば乾燥材を入れ、密閉容器に入れて保存する。
ポイント
  1. 油はクセのない太白ごま油やこめ油がおすすめです。ココナッツオイルでも◎
  2. はちみつのかわりにメープルシロップを使うとコクが出ます。全量メープルシロップだとしつこすぎるので、はちみつと半々にするといいかもしれません!
  3. オートミールはメーカーによって粒に大きさの違いがあります。今回は大きめの粒のものを使いましたが、小さい粒のものを使う場合は焼き時間やオーブンの温度を調整してください。
  • 1
  • 2

横田 睦美さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2021/02/03 05:00
2021/02/03 05:00 /article/detail/3905