おうち時間が定着してもうすぐ一年、この頃よく思うこと

印刷用を表示
2021/03/03 05:00

気づけば、冬も終わりが近づいてきました。おうち時間、ステイホームが始まってからもうすぐ一年経ちます。この一年いろいろなことを考えたというhasu.hanaさん。当初のおうち時間と今のおうち時間とでは、捉え方が変わったそうです。

▼目次

家で過ごす時間が長くなって一年、私の変化

 「おうち時間」という言葉を頻繁に耳にするようになった昨年の春から、もうすぐ一年が経ちます。みなさんの暮らしには、なにか変化がありましたか?

 仕事や暮らしがすっかり変ってしまった方もいるでしょう。家の中でなにを楽しもうか、どう過ごそうか。新しく始めたこと、改めて見直したこと、気づいたこと……。少なからず誰もが働き方や暮らしのことを考えた一年だったと思います。

窓に当たる太陽の光の位置が変わってきて、春が近づいていることを感じます
窓に当たる太陽の光の位置が変わってきて、春が近づいていることを感じます

 私自身も、昨年の4月半ばから5月下旬まで仕事が自宅待機となり、今思うとあんなに長い期間、家で過ごしたことはありませんでした。この機会にと、せっせと不用品を処分したり、片付けや掃除をしたり、退屈と思う日がないほどあっという間に時間が過ぎていきました。

 最近は、「おうち時間を楽しむ」というフレーズばかりが先走っているように見えてしまうことがあります。これだけ月日が経つと、長い自粛期間にストレスの限界を感じ、おうち時間にも飽きてしまったなどという声もよく耳にします。

 私自身も、当初は楽しいことを見つけようとしていましたが、徐々に、ただ淡々と過ぎていく日々の中にこそ尊さを感じるようになってきました。

果物やサラダを木の器に盛りつけるのが大好きです。洗って水気を切った果物や野菜の水分を木が吸い取ってくれます。去年の夏、ようやく我が家にやってきてくれた富井貴志さんの栗の木の手付きボウルにいただいたシャインマスカットを盛りつけて。器と盛りつけたものが美しく調和しているだけで嬉しくなります
果物やサラダを木の器に盛りつけるのが大好きです。洗って水気を切った果物や野菜の水分を木が吸い取ってくれます。去年の夏、ようやく我が家にやってきてくれた富井貴志さんの栗の木の手付きボウルにいただいたシャインマスカットを盛りつけて。器と盛りつけたものが美しく調和しているだけで嬉しくなります

自分にできることは限られているけれど

 私の家族も昨年から仕事が三分の一になったり、思わず肩を落としてしまうようなことがあったりしました。ですが、いまできることはなんなのかを考えた時、自分にできることってほんのわずかなことでした。

 でも、そのほんのわずかなことを粛々とやっていくしかないんですよね。

 私が家でできることは、質素でもおいしいと思えるごはんを作ることでした。

シュウマイをたくさん作った日。せいろは昨年サンタさんにおねだりして(自作自演)迎えたものです。何年も吟味して、購入した山一さんのせいろ。これで食がより楽しくなりました
シュウマイをたくさん作った日。せいろは昨年サンタさんにおねだりして(自作自演)迎えたものです。何年も吟味して、購入した山一さんのせいろ。これで食がより楽しくなりました

 ちなみに、ごはんを食べている最中は愚痴を言わないのが我が家のルールです。愚痴を言いながらごはんを食べてもおいしくないので、悩みや愚痴は食後のコーヒーを飲みながら話すことにしています。そのほうが落ち着いて話ができます。

昨年春のおうち時間に作ったお味噌汁。油揚げを網でカリッと焼いて、いつもよりちょこっと丁寧に。おいしいお味噌汁は影の主役です♪
昨年春のおうち時間に作ったお味噌汁。油揚げを網でカリッと焼いて、いつもよりちょこっと丁寧に。おいしいお味噌汁は影の主役です♪
  • 1
  • 2

hasu.hanaさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2021/03/03 05:00
2021/03/03 05:00 /article/detail/3949