これは本当においしい!おうち時間のお供に「罪なおつまみ」

印刷用を表示
2021/02/26 05:00

読書、映画・ドラマ鑑賞、ゆっくりお酒を飲む――そんなおうち時間のお供が、市販のお菓子じゃ味気ない! 時間がある日は、こんな「罪なおつまみ」を作ってみませんか? ひとつめに紹介している「黄金フライドポテト」は、Instagramでも大人気、編集部も大好きなレシピです。

▼目次

 きっかけはどうであれ、おうち時間が増えている昨今。せっかくなら、おいしいおつまみを片手に、おうち時間を充実させようじゃありませんか。

 “万年ダイエッター”と“食いしん坊”の肩書をあわせもつ私は、「せっかく摂るならおいしいカロリー」がモットー! 何度でも作りたくなる、手が止まらない系の罪なおつまみを3品ご紹介します。

 どれもあざとい、胃袋がっつり系のおつまみなので、好きなお酒を用意して味わってくださいね♪

黄金フライドポテト

 油はねなし、冷めてもザクザク、無限ソース。この3拍子がそろった黄金フライドポテトは、どこに出しても褒められる、最強のおつまみポテト。とにかく一度揚げてみてください。芋好きの自信作です!

材料(3~4人分)
  • じゃがいも 5~6個
  • にんにく 3~4片
  • 揚げ油 適量
  • 塩 少々
  • 【スイチリマヨソース】
  • マヨネーズ 大さじ2
  • スイートチリソース 大さじ1
  • 練乳 大さじ1/2
作り方
  1. じゃがいもは皮ごとよく洗い、十字に切り込みを入れる。1個ずつラップに包み、レンジで竹串が通る程度に加熱する。にんにくは根元を落としてつぶし、皮をむく。
  2. じゃがいもが冷めたら、十字の割れ目に指を入れて一口サイズにほぐす。つぶしすぎるとボロボロになるので注意!
  3. フライパンに5ミリ程度揚げ油を入れ、じゃがいもとにんにくを並べて中火にかける。色づいてきたら箸でころがしながら、黄金色になるまで揚げる。油を切って、塩を振る。ソースに付けて食べる。
ポイント
  1. じゃがいもはメークインでもOK。皮もパリパリでおいしいので、よく洗って皮ごと揚げるのがおすすめです。
  2. 油が冷たい状態から入れると油はねが少なく、ザクザクとした食感に仕上がります。焦げないように、色づいたものから取り出してくださいね。
  3. ソースは完全に混ぜず、同じ器に入れてディップしながら混ぜるくらいのほうが、味にメリハリがついて断然おいしくなります。

横田 睦美さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2021/02/26 05:00
2021/02/26 05:00 /article/detail/3957