春・夏・秋・冬とDIYの深い関係

印刷用を表示
2018/03/27 12:00

桜のつぼみも綻びはじめました。気温も緩んできて、春の近さを予感させてくれます。さて、そんな季節の変わり目。お部屋の模様替えなどをしたくなる人も増えてくる季節ですが、部屋や小物そのものを作るDIYには季節性はあるのでしょうか?

季節のお悩みを解決

 一見DIYと季節はあまり関係性がないように思えますが、DIYで何か悩みを解決しようと思った時に、季節ならでは悩みがあったりします。

 たとえば6月の雨季には洗濯物を部屋干しにする事が多い日が続きます。そうなると、お部屋の景観があまり良くなかったり、干すスペースがあまりなかったりします。我家にもそんな悩みがあり、リビングに部屋干しできる洗濯物干しの竿をかっこよくDIYして、しかも、使わない時は見えないように収納できるように工夫もしました。

 また、かっこいい傘立てが欲しいけど、なかなか「これ!」というものに出会えず、DIYして我家のテイストに合った使いやすい傘立てを作りました。

 夏になると蚊等の害虫に悩まされます。常時、手の届くところに殺虫剤があると便利ですが、パッケージがお部屋に合わず……。そこで考えたのが、こちら。

フェイクグリーンで隠せば、一見殺虫剤だとはわかりません笑 詳しい作り方はコチラでご紹介しています。

 空き缶を2個準備し、1個は底をくりぬき、もう一つとビニールテープで合わせて長い筒を作り、インテリアに馴染むデザインの紙をぐるっと巻いて貼り完成! 殺虫剤をすっぽり隠せ、玄関やアトリエに置いてもインテリアに馴染む殺虫剤カバーをDIYしました。

四季の行事もDIYで楽しむ

 このようにちょっとした小物から、家具や設備的なDIYまで、これを作ろう! と思う瞬間というのは悩み解決のためである事が多いのです。

 季節のお悩みがある=季節のDIYがあるという事です。

 お悩みだけでなく、四季にあわせた行事を楽しむためのDIYもあります。たとえば、カレンダーやしめ縄。DIYが流行するとおしゃれに飾れるしめ縄や、部屋のインテリアとして楽しめるカレンダーも手作りするようになりました。

 Xmasやハロウィンの季節はそれに合わせて、インテリアの飾りつけも変わり、それも買ってくるのではなく、DIYでリメイクしたものを飾ったりするのも季節のDIYの楽しみです。

 また、7月8月は学校の夏休みの課題でDIYに挑戦する、お子さんや親御さんもいらっしゃると思います。私も子供達が小さいころ、夏休みに一緒に木工等をしました。宿題だから……と思ってやらなきゃいけないDIYだったはずが、『作ってみたら意外と楽しかった』とハマる方もいらっしゃいます。夏休みはぜひ、親子でDIYを楽しんでいただけると嬉しいです。

chikoさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ