食パンにジャムやクリームで絵柄を描く「柄トースト」。可愛くてユニークな絵柄で人気を博しているのが、フードコーディネーター兼主婦の森映子さんです。どんな風に柄トーストを作っているのでしょうか? 

タイトル、解読できました?

 はじめまして。
 ダンナと長女(高3)・次女(中3)の4人家族、神戸在住フードコーディネーター兼主婦の森映子です。
 自称ブロガーでインスタグラマーな私ですが
 最近とある「食パン」でプチブレイクしたかも? な話を聞いてください。

 まずはタイトル。なんのことかわかりますか?
 「#柄トースト」これはインスタグラム用語ですね。
 #→ハッシュタグというキーワードをつけて自分の画像(pic)を投稿します。
 「BBA」とは「ババア」の略。悲しいかなすなわち私。
 「LJK」とは「ラスト女子高生」のことで、高校3年生という意味です。
 女子高校生全般を指す「JK」はすでに御周知のことでしょう。

 そして今や時代はOLでも女子大生でもなく、
 世のトレンドを引っ張ってるのは紛れもなくJKなんです。
 彼女たちの子供でもない、大人でもないキラッキラの感性が「JKブランド」という言葉まで生み出しています。
 いわゆるオサレなカフェやお値段高めのスターバックスさえも高校生であふれかえっていますからね。

 さて本題です。
 最近私のインスタグラムで人気なのが、
 食パンにジャムやクリームで絵柄を描くトーストアートなるものです。

これは#サクランボ柄。
これは#サクランボ柄。

 そう。タイトルの「柄トースト」です。
 他のインスタグラマーさんのギャラリーで見かけた可愛らしいイチゴ柄を作ってみたのがきっかけで、
 だったらミカンや桃やキウイなんかのフルーツ柄があったら面白いなと思いました。
 朝からチマチマ作ってはインスタに投稿してたらどんどんフォロワーさんが増えてきました。只今1万越え。
 流行りってこんな風に始まるんですね。

KAWAIIの前ではBBAもJKも無関係?

 私のBBAインスタグラムはJKのフォロワーさんがとにかく多いんです。
 なぜならLJKの長女がイイネしてくれたら
 長女の友人→そのまた友人、という風にどんどんオススメpicとして広がっていくからなんです。
 きっと普通にやっていたら彼女たちの目に留まることはなかったでしょう。
 かわいいですトキメキますマネっこしたいです、ってコメントをくれるなんて考えられなかった1年前。
 思わぬところで「KAWAII」を共鳴することになりました。
 ちなみに私46歳のおばちゃん。
 でもそこにJKとBBAの境界線など存在しません。

 これがSNSの摩訶不思議なんですね。もう1回言います。私アラフィフ。
 だから最近の私はせっせと彼女たちの喜びそうな柄を考える毎日です。

こちらは#バナナ柄
こちらは#バナナ柄

森 映子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ