紅茶を簡単に抽出してくれる紅茶マシンSPECIAL.Tが、LUPICIAとコラボしたと聞いたのでお試し体験をしてみました。

 こんにちは、編集部のイトウです。

 みなさんは紅茶派ですか? コーヒー派ですか?

 我が家は夫が紅茶好きで、私はそれよりお酒が飲みたいタイプなので、家でのティータイムは紅茶を飲むことが多いです(最近は、夫がコーヒー豆にも手を出し始めましたが……)。

 茶葉が変われば香りも味わいも変わる紅茶。すごくおいしいのですが、ティーポットを用意して、カップを温めて、しばらく蒸らして……と少し準備が必要です。

 勝手においしい紅茶を作ってくれる仕組みはないのかしらと思っていたら、既にあるんですね。2013年にネスレから「SPECIAL.T」というマシンが販売されているそうです。

 しかも、お茶の専門店「LUPICIA」とコラボした商品まで出ているんです! 我が家は主にここのお茶を買っているので、特にテンションが上ります(個人的なLUPICIAのオススメはオレンジ&ジンジャーです)。

 SPECIAL.T、ご存知でしたか?

 お恥ずかしながら私は、LUPICIAとのコラボのニュースを見るまで知りませんでした。福寿園とコラボした日本茶なんかも出しているそうです。

 そんなことを聞いていたら、試してみたくなるじゃありませんか。

 そんなわけで、お願いしてSPECIAL.Tの体験をさせていただきました。

これがSPECIAL.T
これがSPECIAL.T
こちらがお茶の入っているカプセル。いろんなフレーバーがありましたが、さくらんぼにしてみました。
こちらがお茶の入っているカプセル。いろんなフレーバーがありましたが、さくらんぼにしてみました。

 電源を入れて、お水を入れて、茶葉の入ったカプセルをセットして、カップを置いてスイッチを押すという手順でした。一つひとつの作業に時間がかからないので、流れ作業でできる感じでした。

 マシンを使うので完成するまでに音はします。待っている間にマシンを置いたテーブルの隣で会話をしていたのですが、声が大きくなるほどではありませんでした。

 起動してから数秒でさくらんぼの香りが漂ってきました。酸味をともなった甘い芳香がワクワク感を引き上げてくれます。そして、紅茶が出てきました。

勢いよくカップに注がれるのかなと思ったら、数回に分けて抽出されました。
勢いよくカップに注がれるのかなと思ったら、数回に分けて抽出されました。

 写真では写っていないのですが、実際は湯気がホカホカとあがっていてとても暖かい状態です。香りも味も申し分なく、ふつうにおいしい紅茶でした。

 ちなみに、使用したカプセルは簡単に取り出せるようになっていて、捨てるのも簡単そうです。

 ところで、茶葉は光や空気と接触すると品質が損なわれるといいます。自宅でも日当たりの良いところに置いておくと、香りがなくなっちゃいますよね。専用のカプセルは外的な影響から茶葉を守ってくれるので、味と香りが抽出される瞬間まで保たれるのだとか。

こちらがイメージイラスト。実際に思わずニヤける香りがしたので、割と納得できます。
こちらがイメージイラスト。実際に思わずニヤける香りがしたので、割と納得できます。

 SPECIAL.Tの説明を聞いて「賢いなぁ」と思ったのは、カプセルをセットするとお茶の種類を自動で判別して、茶葉に応じた温度と蒸らし時間を設定してくれる点。人間はカプセルを入れるだけで良いのです。だから、マシンはボタンも少ないシンプルなデザインなんですね。

 ちなみに、現在LUPICIAとコラボレーションしたお茶の種類はマスカット、さくらんぼ、ルイボス ハニー&フルーツ、ハイビスカス&いちご、セイロン、アールグレイの6種。さらに、今後もフレーバーティーやルイボスティーなどを順次開発予定とのことです。

 おいしい紅茶を手軽に飲みたい、忙しいけどおいしいお茶が飲みたいというご家庭には良さそうです。一方で、抽出されるまで茶葉の香りを感じることはないので“紅茶を飲む準備をしている感”は、正直希薄です。準備まで含めて楽しみたい、という方はティーポットと砂時計のほうが良いかもしれません。

 とはいえ、どちらもお茶を楽しむことには変わりないので、自分に合ったスタイルで一番良いかたちを探していきたいものですね。ちなみに私は、オレンジ&ジンジャーのカプセルが出てきたら、お財布の紐が緩んでしまうかもしれません笑

 なお、既にSPECIAL.Tを持ってるよ~、という方はLUPICIAコラボのカプセルが気になったら、オンラインショップか新宿高島屋のお店「Te&Cha」で取り扱っているそうなので、覗いてみてはいかがでしょうか?

関連リンク

Writer PROFILE

  • 伊藤 桃子(翔泳社)さん

    みんなの暮らし日記編集部員です。ビールが大好きです。

伊藤 桃子(翔泳社)さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ