▼目次

妊娠中に発覚した彼の癌

 そんな夫に対する私の気持ちの根っことなっているのが、第二子の兄熊を妊娠中に発覚した彼の癌の経験です。

 手術、そして抗がん剤の投与を3クール。数か月の入院から相応の療養期間が必要でした。

 前述通り、夫はガテン系職人で、会社員ではありませんでした。当時私は専業主婦でしたので、途端に収入は途絶え、わずかな貯金を減らしながら暮らす日々でした。1歳の娘とお腹の赤ちゃんと…夫のいないアパートでどんな心もちで過ごしていたのか、正直よく思い出せません。

 それでも彼が生きてさえいてくれたら、お金も仕事も要らない。強烈にそう感じたことだけはよく覚えています。

夫婦だけになった生活。お弁当を作るようになりました

 それから20年以上が経ち、子は巣立ち、夫婦だけになった今の我が家です。若かった頃よりもなお一層大切に思える夫に、今更ですがお弁当を作るようになりました。

子が巣立ってから初めて作った夫婦弁当。夫の好物、オムレツとハンバーグ。夫の負担にならないよう使い捨てのお弁当箱を使うことが多いです。
子が巣立ってから初めて作った夫婦弁当。夫の好物、オムレツとハンバーグ。夫の負担にならないよう使い捨てのお弁当箱を使うことが多いです。

 かつて新婚時代は夫のお弁当を作っていたのですが、当時は冷凍食品を何種類かチーンして場所だけ埋めて持たせていました。数か月もしないうちに夫から「突然外食することも多いし、暑い時期はお弁当を置いておく車中の温度も大変なことになるし」とやんわり断られ、それは終わりました。きっと美味しくないのもあったんだろうと今は思っています。

まるでJK弁当のようなオムライスお弁当。中はチキンライス。夫大喜びのメニューです。
まるでJK弁当のようなオムライスお弁当。中はチキンライス。夫大喜びのメニューです。

 夫は好き嫌いが多く、いわゆる幕の内方式で色んなおかずがたくさんあって匂いが混ざり合うようなお弁当の形態が我慢できない人。

 私は主婦としてキャリアを積んで、いつの間にか夫好みのお弁当を作れるようになっていました。はじめはしぶしぶ持って行っていた夫も、最近では朝お弁当を覗き込んで「おっ、うまそうだね!」なんて言ってくれることも。

寒い時期はミディアムな焼き加減のステーキ弁当もアリ。閉店間際半額でgetした美味しい和牛で。
寒い時期はミディアムな焼き加減のステーキ弁当もアリ。閉店間際半額でgetした美味しい和牛で。

母熊さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2018/04/28 00:00
2018/04/28 00:00 /article/detail/465