ムダや手間が減る、冷蔵庫整理と食材管理

印刷用を表示
2018/05/09 12:00

家の中の様々な場所を工夫しながらお掃除したり、整理したりしているぴょこぴょこぴさん。冷蔵庫の整理や食材の管理は奥深く難しいと考えています。一方で、工夫のしがいがある場所でもあるそう。今回は、今の冷蔵庫の整理と食材管理の方法を紹介してもらいました。

冷蔵庫の整理は奥が深い

 家の収納や管理で一番難しいのは食材、その中でも奥が深いのは冷蔵庫だと思います。単純に食材が少なく見た目がきれいであれば良いわけではなく、家族の元気と健康のもとになる料理をスムーズに作れなくてはいけません。

 また、数日で食べきらなくてはいけないものや、数ヶ月保つ冷凍食品まで、保管期間は様々です。ウッカリしていると腐ってしまったり、冷凍庫の底で化石化してしまったりします。

 1日のうち出し入れが何度もあり、たらしたりこぼしたりして汚れやすいのに、衛生的に保たなければならない場所でもあります。

 冷蔵庫の収納と食材管理は、何度も本気で取り組みましたが、考えれば考えるほどわからなくなっています。まだまだ発展途上ですが、私のやり方についてまとめてみました。

食材はネットスーパーでまとめ買い

 毎日スーパーに行って旬の食材で料理を作るのが、鮮度も栄養も高く理想的だと思います。でも、育児や仕事をしているとなかなか時間が取れません。そのため、週1回ネットスーパーでまとめ買いをして、一気に作り置きや下味冷凍をしています。

 木曜日に食材を注文し、その週の予定によって、金曜夕方か土曜午前に配達してもらっています。ネットスーパーもいろいろあって迷いましたが、最終的に玄関先に置いてくれるサービスがあるものを選びました。配達予定時刻に在宅している必要がないので、帰宅が遅れても、外出の予定が入っても大丈夫です。

 食材の注文は、以前は足りないものがあるとメモを書き、それを元に注文していました。その際、定番の野菜などの注文を忘れることがあるので、「食材注文リスト」を作ってみました。これでいちからメモを作らなくて良く、注文忘れもなくなりました。

作り置きと下味冷凍は作業で分割

 週末は届いた食材の作り置きと下味冷凍をしています。

 

ぴょこぴょこぴさん(@pyokopyokop)がシェアした投稿 -

 作り置きをはじめたころは、早朝に起きて一気に作っていたので、かなり大変でした。今は、お肉の下味冷凍をする、野菜の下ごしらえをする、下ごしらえしたものを調理する、の3段階に分けて作業しています。

 たとえば、土曜日のお昼に下味冷凍、夕食作りのついでに下ごしらえ、日曜朝に調理、という感じで行っています。作業を分けることで、長時間キッチンに立つ必要がなくなり、疲れが減りました。また、週末の家事や外出予定、家族と過ごす時間の合間にできるので、時間も柔軟に使えるようになりました。

 また、下味冷凍を作り始めたころは、レシピを見ながら1品ずつ作っていました。お肉をトレーから出して、切って、レシピを見て味付けして、保存袋に入れて、そして次の1品を……と作っていたので時間がかかっていました。

 最近は以下のように、手順ごとに作るようになり、かなり時短になりました。

  1. 作る分すべて、保存袋にメニューを書いて、口を開けて立てておく。
  2. 一気にお肉のトレーのラップを外し、トレーのまま並べる。
  3. 牛乳パックをまな板代わりにして、お肉をカットして、それぞれの保存袋に入れる。空いたトレーはシンクに置いておく。
    ※まな板の除菌の手間が面倒なので牛乳パックを使っていますが、まな板より切りにくいです。
  4. 手を洗う。
  5. レシピを見ながら各袋に調味料を入れる。
  6. 袋の上からもんで味をなじませ、平らにして保存袋を閉じる。
  7. 冷凍庫に入れる。
  8. まな板にした牛乳パックをさっと洗って捨てる。
  9. 包丁や計量スプーン、トレーなどを洗う。

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ