家事もお料理も苦手な私が変わったきっかけ

印刷用を表示
2018/05/12 12:00

週末には3×3の朝ごパンを作り、家族で楽しんでいるayaさん。でも、Instagramを始めるまでは家事が苦手で、趣味もなく、時間に追われてばかりだったそうです。ayaさんがお料理や家事を楽しむようになれた理由とは?

植物が目を楽しませてくれる季節ですね

 こんにちは。新年度を迎え、新しい生活がスタートしましたね。真新しい大きなランドセルを背負って登校する1年生を見ては、とても微笑ましく感じるとともに、3年生と5年生に進級したわが娘たちの成長を改めて感じます。

 ついこの間まで雑草すら生えてこない殺風景だった庭が今は、ラベンダーやオオデマリなどの花が咲いています。また、ドウダンツツジの新芽にアジサイの蕾など様々な植物から、初夏を感じることができるようになりました(そしてグランドカバーのように地面を埋め尽くす雑草も……)。

 「あぁ、可愛いなぁ、綺麗だなぁ……」と庭の花や木々の成長を見るのが、帰宅後の楽しみです。

 でも、これは以前の私では考えられないことなのです。

 こんな私の変化に母は笑います。

 「あやちゃんが、お花に興味をもつようになるなんて~!あら、お料理も、お菓子も、おうちの片づけも……人間て変われるものなのね~。うふふ♪」と。

 そうなのです。

 私はまったくと言って良いほど、家事ができない人間でした。お料理も結婚するまではほとんどしたことがなく、夫には結婚当初「まずい!」と言われて残されたことが多々ありました(笑)

 お菓子作りなんてまったくしないし、お花を買おうなんて思ったこともなく。片づけはさらに酷いもので、表面的には綺麗にしていても見えない場所に隠す適当さ……。親友が一人暮らしをしている家に遊びに来た時、押し入れのドアを開けた途端に、荷物が雪崩のように次々と落ちてきた経験もあるほどです(笑)。この点は今も課題ではありますが……。

みんなに等しく、1日は24時間

 今までのことを振り返ってみると、Instagramを始めるまでの私は仕事、家事、育児と忙しさに追われる日々で趣味という趣味がありませんでした。お花を見つめる心の余裕も、手作りお菓子を作りたいという気持ちもなかったのです。そして家中は散らかり放題でした。

 食事も忙しさにかまけて手抜きの日々。おまけに平日に蓄積されるストレスで週末はいつもモヤモヤした気持ちで過ごしていました。そんなだらしない自分を変えたい、このままでは母親としても駄目だとどこかで思いつつ、日々は過ぎていきました。

私のインスタアカウント。こんなお料理を自分が作るとも思っていませんでした。
私のインスタアカウント。こんなお料理を自分が作るとも思っていませんでした。

 そんなある日、写真加工がおしゃれにできるアプリとしてInstagramの存在を知ります。Instagramの世界には、沢山の素敵な方の暮らしや美味しいものが溢れいて、荒れ果てた我が家からはかけ離れた、輝かしい世界が広がっていました。

 素人とは思えないほどクオリティの高い料理やスイーツに驚きの連続。

 「えーっ! これは自宅?」

 「お店屋さんのではなく、手作りのケーキ?」

 「これが、おうちのごはん!?」

 しかも、よくよく見ていけば、同じフルタイム勤務の方でもそんな日々の食事やスイーツを投稿しているのです。

 「みんな与えられた時間は同じ24時間。どうしてこうも違うのだろう……」そう思うと同時に、「私にも(完成度は別として)同じことをできるチャンスがあるってこと?」とも思えたのでした。

 けれど、最初は意欲だけが先走りし、実際は日々の生活を送ることが精一杯でした。私には夜ごはんやスイーツを完璧に作る技量もないし、時間もないと感じていたのです。

 いつもなら、こんな時は心で思っていても、行動に移すことができませんでした。でも、そのころの私は毎日メソメソ、ストレスに押しつぶされていた自分をどうにかして変えたかったのです。

 そこで思いついたのが、平日に時間がないなら、とりあえず週末に何かを作ってみよう、ということでした。

 「いつも険しい顔をして、イライラしているお母さんよりも、子供と楽しく笑うことが多いお母さんでありたい! 一歩踏み出せば何かこのモヤモヤから脱出できるかもしれない……!」

 そんな期待を胸に今までの生活になかったお菓子作りを週末限定で始めました。こうして週末のお菓子作りがスタートし、のちに3×3の朝ごパンが誕生しました。

あやさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ