hanaさんちの晩ごはん

レバーが苦手な人でも美味しく食べるために

印刷用を表示
2017/08/01 12:00

みなさんはレバーお好きですか? 貧血防止にもなる反面、生臭さが気になるという方も多いのではないでしょうか。hanaさんは貧血気味の妹さんと娘さんのために、レバー嫌いでも食べられるレバー料理を作っていた時期があるそうです。その時のエピソード&レシピをご紹介します。

子育て中のママはバタバタですよね

 みなさんこんにちは! じめじめシーズンに突入し、庭先の梅の実が丸々ふくらんできた初夏に3回目の記事を書かせていただいています。今回は娘と、同じ市内に住む私の妹ファミリーも登場します!

 娘は現在中学3年生、息子とは2学年違いです。

 「まずは跡取りで男、次はあにがあんでも(何が何でも、の意味)女にしてもらうべや!」
 という舅姑の強い強いプレッシャーのもと、彼らの希望通りの順に我が子達は産まれてくれました(笑)
 あにがあんでも女の子を希望していたのは、主に姑。夫の妹が授かった子供達3人全員男の子で、どうしても女の子の孫を抱きたかったのだそう。

 「hanaちゃん良かったね〜胸張って家に帰れたでしょう! 嫁の務め果たしたよね!」
 hana家の両親を知る知人に言われたものです(笑)

 かく言う私も、次は女の子がいいなぁ~とずっと思っていたので、私が一番うれしかったかも。

 実は妊娠中に健診で赤ちゃんは女の子かもしれないよ、と先生から聞いていたのですが、夫と私だけの秘密にしていました。診断違いで、万が一男の子が生まれたら両親はガッカリするでしょうし、もしそんな事になったら産まれてくる子供が可哀想な気がしたからです。
 なので、元気に娘が産まれた時は、色々な意味で安心しましたし、とってもうれしかったです。

 娘は2740gとまたもや小粒ちゃんでしたが、兄と同じくスクスク育ちました。母乳の飲みも良く、よく眠る赤ちゃんで、抱き癖がついて大騒ぎしていた息子と比較するとかなり楽ちん。
 でも、いくら育てやすいとはいえ1歳7ヵ月違いのおチビちゃん兄妹。当然2人ともおむつ!! さらに、息子は赤ちゃん返りして急に駄々っ子になり哺乳瓶を要求。2人一気に泣かれると本当に困ってしまい、私まで泣きたくなりました。
 私1人で子供2人を連れてでは、買い物も大騒ぎ! よく行くスーパーの駐車場係のおじさんが、いつも買い物袋を車に積むのを手伝ってくれました。
 毎日1人をおんぶして、1人が足に張り付いている状態で家事をしていましたね。子育て中のママは皆同じですよね! お料理は何を作っていたのやら? 余り記憶に残っていません(笑)

 こうして小さな兄妹のママになった訳ですが、私自身は年の離れた妹が2人居まして、三姉妹の長女です。結婚式では、妹達が花嫁の介添人をしてくれました。

 娘を出産した当時、大学生と高校生だった妹達がちょこちょこ遊びに来てくれて、息子の遊び相手をしてくれたり、買い物につきあってくれたりして本当にありがたかったです。

 女の子を育てる上で母親の楽しみと言ったらお洋服ですよね! 色柄何でもOKだし、パンツもスカートもOK、素材もレースにフリルに選び放題で、なんて素敵!

 私は小学生の頃から編み物が好きでしたので、ケープにおくるみ、コートにワンピース、チュニック、帽子にボンネに髪飾りと寝る間を惜しんで編みまくりました(笑)色違いでセーターを着せたり、ミシンを引っ張り出してフリースでお揃いの服を作ったり、肩こりを恐れずよく作っていましたよ。
 手作り服達は随分処分しましたが、手のかかったものや思い出深いものはいまだ引き出しにしまってあります。

何事も一生懸命な娘なんです

 親が言うのもおかしな話かもしれませんが、娘は小さい頃から、ほとんど手を焼く事はありませんでした。

 女の子が生まれたら音楽を習わせたいと思っていたので、3歳からヤマハ音楽教室に入れました。その他は年長さんくらいからでいいかな? と考えていたのですけれど、息子を入れようとして体験に行った公文、スイミング、どちらも「私もやる」。

 小学生になった息子の字が下手で、習字を習わせてはどうかと見学に行けば「私も通う」。
 何事も意欲満々、一生懸命、やるからには結果を出したい、負けたくない!
 手をつける前から何となく「え~~やるの~~? まあいいか~~、適当で~~」な息子とは真逆です。

 食生活も好き嫌いなく何でも食べる子でした。幼稚園の頃は「完食シール」と言って、給食を完食するとご褒美にキラキラシールを貰えたんですね。それ欲しさに「甘くて柔らかいにんじん(多分グラッセの事)食べるとちょっと涙出ちゃうんだけど、我慢するの」

 私が作るグラッセは塩バター味で甘み少なく、パクパク食べてくれていましたが、給食で出るグラッセは嫌いだったようです。園の出席ノートにはびっしりと完食シールが貼られていましたよ。
 あ、息子は在園中、完食シールは数枚しか貰えませんでした(笑)

 ママ弁当も息子は虫食い状態でよく残してきましたが(現在は完食)、娘は当然完食。可愛くキャラ弁にしてあげると、とっても喜んで「毎日ママのお弁当だといいのになぁ〜」とうれしい事を言ってくれたものです。

これもおすすめ