器があると食卓づくりが楽しくなってきます

印刷用を表示
2018/05/17 12:00

北欧の器が好きだという智子さん(@sato522521)。食材やお料理と器の組み合わせを楽しみ、その様子をInstagramにも投稿しています。智子さん流の器の使い方を聞いてみました。

食材に合わせて器を楽しんでいます

――彩り豊かで目でも楽しめるお料理にするために工夫されていることは何ですか?

 日々の家庭料理も第一印象は大切だと思います。なので、器に盛った時の色合いが不足していると感じた時は、パプリカやハーブなどのスパイスを振ってバランスをとるようにしています。

 ほかにも、ペーパーナプキンやクロスで彩りを加えて見た目を引き締めたり、器にのせる食材が際立って美味しく見えるように、食材と器の色合いを考えて器を選んだりしています。

――どのような器を使っていますか?

 北欧の器が好きで、イッタラ、アラビア、マリメッコの器を中心に集めています。日々の器選びが楽しくて、何年かかけて少しずつ好きなものを揃えました。気づいたら食器棚が好きな器でいっぱいです。また、多くが食洗機や電子レンジもOKなので、日常使いに向いていると思います。

 イッタラのカルティオ タンブラーは年中使えるレギュラーグラスです。小さいサイズを選んでいるので子供でも使いやすく、食卓に朝日がさすとグラスの影が机に映り、透き通る輝きがとても綺麗です。

 カステヘルミプレートはテーブルやクロスが透けて爽やかな印象。食卓の雰囲気を明るく華やかにしてくれるので、スイーツをのせることが多いです。

夫の誕生日に作ったベイクドチーズケーキもカステルヘルミのプレートで飾りました。
夫の誕生日に作ったベイクドチーズケーキもカステルヘルミのプレートで飾りました。

 ティーマはサイズとカラーが豊富で、重さがちょうどよく丈夫なので、普段使いにぴったりです。

この日はペンネやお野菜を載せて、ワンプレートランチに。

 アラビアのパラティッシは初めて北欧の器を知った時に一目惚れしたシリーズです。果物と花が描かれていて、パラティッシのプレートやカップが食卓にあるだけでパッと華やぎます。

娘の入学祝いでも活躍してくれました
娘の入学祝いでも活躍してくれました

 実際に使うまでは無地の器の方が食材を引き立ててくれるのかと思っていましたが、パラティッシはどんな食材をのせてもごちゃごちゃせず、むしろ引き立ててくれる気がします。

 こんな風に器を楽しんでいたら、器にそれほど興味のなかった夫も、休日の朝食にパラティッシのカップ&ソーサーでコーヒーを飲むと休日を感じてのんびりした気持ちになれると言ってくれるようになりました。

 離れて暮らす実家の母も、私の写真を見て北欧の器が素敵だと言ってくれたので、母の日の贈り物やお祝いのお返しにパラティッシを送っています。

器好きは母の影響?

――もともと器がお好きだったのですか?

 北欧の器に興味を持ったのは、5年前に知り合った親友の影響です。その人がマリメッコ好きで北欧の器を使っていることを教えてくれて、興味を持ち集めるようになりました。

 振り返れば、器自体に興味を持ったきっかけは実家の母だったと思います。実家の食器棚には様々な色や形の器があります。お魚は長方形の器を選ぶといいとか、丸い器ばかりじゃつまらないから楕円の器を選ぶといいとか、フルーツにはガラスの器がいいねとか。

 当時は分からなかったのですが、母が毎日の食卓に並ぶ器に気を使っていたことを思い出します。自分が家族の食事を作るようになり、母が日常の中でさらりと教えていてくれた器選びが私の中にあるなぁと感じています。

 それと、私は学生時代に百貨店の洋食器売り場でアルバイトをしていて、ウエッジウッドやノリタケの担当でした。その頃テレビで放送されていたドラマ『やまとなでしこ』が大好きで、登場人物がノリタケ トゥルーラブのティーセットを使っているのを観て、「これは結婚する時に必ず嫁入り道具にする!」と憧れていました。

 ですから、器に興味を持つ素地はあったのかもしれません。ちなみに、ノリタケのティーセットは7年後の結婚時に母に買ってもらいました。

 丁寧に使えば器は一生ものです。娘たちにもアラビアやマリメッコの器を普段から使い、丁寧に扱うことを身に着けてもらえたらと思っています。

  • 1
  • 2

これもおすすめ