片付けやすい収納を模索中。今はこんな感じ

印刷用を表示
2017/07/12 12:00

使いやすく片付けやすい収納方法を考え、楽しみながら改善しているというぴょこぴょこぴさん。導線を考慮して棚に収納する物の位置を変えたり、物を溜め込まないチェックの日を作ったりしているそうです。ぴょこぴょこぴさん流の収納術とは?

 今回は私の片付け・収納についての変遷や、わが家の収納や物の見直し方についてまとめました。前半は私の考えなどを書いているので退屈かもしれません。実際の収納方法などを知りたい方は、2P目から読んでいただければと思います。

模様替えが好きでした

 私は中学生の頃から部屋の模様替えが好きでした。
 その頃はまだ自分の部屋がなく、廊下に勉強机を置いていました。ただの廊下ですが、机の向きや文具の置き方を変え、よく模様替えをしていました。高校生になって自分の部屋をもらってからも、実家を出てアパートで暮らし始めてからも、突然思い立ってベッドの向きを変えたり、カラーボックスの置き方を縦から横に変えたりして楽しんだものです。

 模様替えや片付けをした後は、本棚にズラリと並んだ本を見て満足したり、クローゼットにたくさん並んでいる服を見て嬉しくなったりしていました。

 ですが、
 その本は何度も読みたいのか?
 その服は本当に気に入ってよく着るのか?
 などはあまり考えていませんでした。物がたくさんあって、それを捨てずに置いておくことが、物を大切にすることだと思っていたのです。

 そんな考えが変わる“きっかけ”は、あるテレビ番組でした。
 「いちご泥棒」という図案が可愛らしくて好きだった、デザイナーのウィリアム・モリスの番組。美しい図案がたくさん紹介されていましたが、印象深かったのはモリスの言葉でした。

Have nothing in your house that you do not know to be useful, or believe to be beautiful.
(役に立たない物や、美しいと思わない物を家に置いてはならない)

 すぐに考えが変わったわけではないですが、ふとした時に、その言葉を思い出すようになりました。

 さらに、子どもが生まれてからは模様替えをするより、より使いやすく片付けやすい収納方法を考えるようになりました。物がたくさんあるとお掃除も片付けも大変なので、できるだけシンプルに、すっきり暮らしたいと考えるようにもなりました。

 まだまだきれいに収納できていなかったり、散らかりやすかったりする場所がありますが、楽しみながら少しずつ改善しています。

家を建てる時、収納から考えました

 子どもが生まれてしばらくすると、マイホームの話が持ち上がりました。いろいろ検討した結果、家を建てることになりました。

 建てることが決まった時、まず、収納家具は買わずに造り付けにしたいと考えました。理由は、家具は地震の時倒れるかもしれないこと、素敵な家具は高価なこと、家具を置くと裏側や下のお掃除が大変なことがあります。

 そこで、持ち物を眺めながら、何をどこに置きたいか?をすべてノートに書き出して、子どもの成長とともに変わるものを想像しながら、どこにどのくらいの収納が必要なのかを考えました。

 検討の結果、玄関収納やリビング、夫婦の寝室などの収納は造り付けにしました。逆に子ども部屋にはクローゼットなどを付けず、成長に応じて家具を購入することにしました。子どもたちが独立して家を出て行った後など、時間の経過や必要に応じた使い方をしたいと思ったからです。

 シアタールームにしてもいいな、それとも子どもたちや親せきが泊まりに来た時のためにゲストルームにしてもいいな、と一人で妄想しています。

 では、わが家の一番大きい収納スペースである玄関収納と、私のお気に入りのキッチンの収納についてご紹介します。

  • 1
  • 2

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ