iStock.com/RyanJLane

神奈川県藤沢市で親子でくつろげる「親子カフェ」を経営している山田さん。これまでのべ15,000人の親子をお店に迎え、子育ての悩みを聞くことも多数。ご自身もフルタイムで働き、3人の子を持つお母さんですが、今はストレスなく自然と自分の時間を作れているとか。その秘訣とは? 「夫にイライラする」のはわかってほしいから 続きです。

前編では、私のイライラと不満の原因について
わかったことを書きました。
「夫にイライラする」のはわかってほしいから
この原因がわかってから
自分のイライラは劇的に変わりましたよ。

今回は夫が変わったきっかけ。
そして、いまどんな日常なのか、
頼むときにどんなことに気を付けているか、
など書いてみようと思います。

変わったきっかけは「大変さがわかった」こと

私自身、自分のイライラの原因もわかったので
劇的にイライラが減りました。

山田家に2人目が生まれて、
時間もたち、
旦那さんが家事育児をやる量は
徐々に増えていました。

が、本当に大きく変わったのは
3人目が生まれてからでした。

私は実家がないので里帰りもなし。
妊娠中だけ認可外保育園にいれたり、
立ち合い出産ができる産院にしたり、
とやっていました。

ですが、さすがに3人目となると難しく。
働いている義母がお休みをとってくれて、
夫も有給休暇を取ってくれました。

で、ちょうど有給休暇が
始まった日だったんですね。
3人目が生まれたのは。
(夫がせっかく休みになったから
鎌倉にでも遊びに行って
甘いものでも食べようと思っていたのに、
あの日は悔しかった……)

お義母さんも到着する2日前だったので、
私が無事に出産して入院した初日。
夫がこども二人をみながら
家事をしてくれました。

ま、仕事も休みだし、
子ども達も5歳と3歳だから
楽ちんなほうだったとは思うのですが
翌日、病院にお見舞いにきた夫がポロリと……
「大変だった……」と。

もうねー、うれしかった(笑)!!!

私はすでにお店をやっていて、
3人目妊娠しながら家事育児、
出産3日前まで働いてましたから。
そんなもんで分かってたまるかー!!!
と思いつつも嬉しくて(爆)

「うん、うん。そうよね、
仕事してなくてもさ、
家事と育児ってだけでも大変よね?」

「いや、もちろん全部わかってないけどね。うん」
と素直な夫。もう、私この出来事で
大満足だったんですよ!!!!!
わかってくれたー!!という満足感ね。

でも、ここからですね。
夫が大きく変わったの。
前は私が口出ししちゃうから
家事にも手を出しづらかったようなのですが、
それでもめげずにやってくれるようになりました。
料理も積極的に作ってくれるように!

私もさすがに子ども3人になったので
家事のやり方に関して口を出す余裕もなく。
素直に感謝するようになりました。

単純なんですけど、
お互いの立場をわかるって本当に大事だなと。

  • 1
  • 2

関連リンク

これもおすすめ