何から手を付ける? 大きい棚の収納改善

印刷用を表示
2018/06/10 12:00

pyokopyokopさんの収納改善レポート第2弾。今回は大きな収納スペースです。容量があるがゆえに、気づくとゴチャついてしまう大型収納。一体どうやって整理していったのでしょうか?

リビングと玄関の収納を改善しました

 わが家のメインとなる収納を改善しました。ひとつは、リビングの天井まである棚、もうひとつは、ウォークスルーになっている、パントリー兼玄関収納です。

 どちらも収納量がたっぷりあって使用頻度が高いので、ごちゃごちゃしてしまいがちな収納です。

 よく使うにも関わらず、取り出しにくい場所に収納してしまったものがあったりして、改善しなくてはと思っていましたが、なかなか手が付けられずにいました。

 また、次女が成長するにつれて、彼女が触ると危険なもの、触られたくないものを、その場しのぎで収納していった結果、簡単に収納改善ができる状態ではなくなっていました。

 育休の最後、次女が慣らし保育の期間に、どうしても今やってしまわなくては! と収納改善に取り組みました。

 今回はその様子をご紹介したいと思います。

収納の絵を描いて、問題点探し

 子どもが生まれる前なら、中のものを全部出して、数日かけて改善することができました。しかし今は見られたくないもの、触らせたくないもの、危険なものもあるため、子どもが保育園に行っている間や寝ている間に行う必要があります。さらに、収納が大きい分、何も考えずにはじめると、収拾がつかなくなりそうでした。

 そこで、まずは、リビングと玄関、ついでに和室にある収納すべての絵を描いてみました。

 絵を描いてみると、DVDがバラバラの場所に突っ込まれていたり、追加購入したお掃除グッズがバラバラの位置に置かれていたり……。問題点がよりはっきりと見えてきました。

 改善不要の場所はペンで囲み、OKと目印を付けました。気になる個所は別の色で改善点をメモし、イメージを固めていきました。

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ