古い家×北欧家具でつくる心地よい空間

印刷用を表示
2018/06/03 09:00

ものは「本当に欲しいか、長く使いたいと思うか」で選ぶというkanadeさん。築約35年の賃貸戸建×北欧家具でつくる、心地よい暮らしの秘訣。

北欧の古い家具と、古い家は相性がいい

 我が家は夫婦ともに北欧の古い家具が好きで、「北欧家具とのくらし」を楽しんでいます。

ダイニングテーブルは、フィン・ユールが1960年代頭にデザインした、ディプロマットシリーズ
ダイニングテーブルは、フィン・ユールが1960年代頭にデザインした、ディプロマットシリーズ

 古い家と、古い家具は相性がいいんだな、って最近ようやく思えるようになって、さらにうちが好きになりました。 ザ・昭和な古い賃貸戸建ての我が家。この家に住むことになったときには、自分の憧れとは程遠く感じたこの空間がコンプレックスで……。

 でも、少しずつ好きな北欧の古い家具を揃えていくことで、居心地のいい空間になりました。古い家と、北欧ヴィンテージ家具という組み合わせは、思いのほか相性がよいのです。

 古い家の持ち味を生かしながら、妥協しないもの選びをするよう心掛けたことで、世界で唯一無二の愛着を持てる空間に変わりました。

 大事なのは「本物を見て、その道の詳しい方から話をたくさん聞くこと」だと思っています。名作を見る、ということは、自分の財産となっています。

ハッカ油と「GREEN MOTION」「エコランドリーリキッド」をバケツの水に混ぜて、ぞうきんでキュッキュッ
ハッカ油と「GREEN MOTION」「エコランドリーリキッド」をバケツの水に混ぜて、ぞうきんでキュッキュッ
  • 1
  • 2

これもおすすめ