先日、少し特別なコーヒーをいただきました。あまり出会ったことのないタイプのコーヒーでしたので、紹介したいと思います。

 こんにちは、編集部のイトウです。

 2017年度が終わる頃に、『週末は朝ごぱん』のあやさんにお会いする機会がありました。

 丁度その頃、あやさんがコーヒーのお勉強を始められたとのことで、話の話題は自然とコーヒーのことに。

 同じコーヒー豆でもペーパーフィルターと、ステンレスフィルターでは豆の挽き方が変わるし、味わいもまったく違うそうです。フレンチプレスでも全然違うのだとか。

 おもしろくお話を伺った末に、普段はインスタントしか飲まないことを白状したところ、「懇意にしていただいているコーヒー屋さんがあるので、今度お送りしますね!」とあやさん。

 先日、本当にコーヒーを送ってくださいました。

 届いたのは、長崎にあるカリオモンズコーヒーロースターというお店の「オレヤナ 2017」というコーヒー豆。

 袋を開けた瞬間に、香ばしい良い香りが広がります。早速ドリップして飲んでみると、スッキリとした酸味が気持ち良いコーヒーでした。

 私の感想だけでは心もとないので、会社のみなさんにも飲んでもらったところ、「優しい香り」「苦味が少なめで飲みやすい」「苦味より酸味が強いけど、いやな酸味じゃない」という感想が。

 コーヒーって、ただ苦いだけではないんだなあ、と感じました。

 個人的に気になったのはコーヒーに同封されていたカードです。

 農園主の名前や産地情報が詳しく書かれています。豆の産地が紹介されることはあっても、どこの農場かなんて普段は、なかなか知る機会がありませんよね。どうして、このコーヒー屋さんはここまで詳しい情報がわかるのでしょう?

 気になってカリオモンズコーヒーロースターさんのサイトに行ってみると、その理由がわかりました。

 毎年お店の人が直接コーヒー農家さんを訪問して、お話をして、カッピング(テイスティング)をして、買い付けをしているのだそうです。

 ブログもあったので見てみると、送っていただいたコーヒー豆の生産地であるオレヤナ農園のことも書かれていました。園主のブライアンさんの写真も掲載されています。

 何とも不思議な気持ちです。

 遠くホンジュラスで丹精込めて作られたコーヒー豆が、長崎で大事にローストされて、自分の手元に届いた。この人たちが作ったものを、自分は今いただいているのです。

 改めて考えると、とても長い道のりですよね。

 どこかで誰かが生産したものを、誰かが加工して、誰かが店舗に運んで、それを自分は買って消費している。知識はあるものの、普段はそのリレーを意識することはほとんどありません。

 自分の手に渡るまでの人の苦労や努力を考えると、大切に消費しないと失礼だし、もったいない。

 このコーヒーを手にして、サイトを見たことで、改めて実感したのでした。

 ちなみに、カリオモンズコーヒーロースターさんのコーヒーはネットでも購入ができるそうです。コーヒーがお好きな方はサイトを覗いてみると、気になるコーヒーや、農園が出てくるかもしれませんね。

関連リンク

Writer PROFILE

  • 伊藤 桃子(翔泳社)さん

    みんなの暮らし日記編集部員です。ビールが大好きです。

伊藤 桃子(翔泳社)さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ