揚げてよし、蒸してよし、新じゃがを楽しむ

印刷用を表示
2018/06/05 12:00

サラダに、添え物に、メインにもなる、じゃが芋。特に春先に出回った“新じゃが”は皮も薄く、サックリしていて美味しいですよね。hanaさんもご家族と一緒に、新じゃがを楽しんでいます。

“新”のつくお野菜

 皆さまこんにちは!

 5月の連休も瞬く間に過ぎ去り、梅雨の足音が聞こえてきましたね。

 毎日、雨かぁ~と思うとややげんなりしてしまいます。主婦的には、やっぱり洗濯物が乾かない!のが一番困るところですよね。ほんのりお日様の香りがする、カラリふんわり乾いた洗濯物が愛おしくなる季節です。

 さて、春先から初夏は“初”や“新”がつく食材が多く出回りますね。

 先日は、わたしの玉ねぎ愛を書かせていただきましたが(笑)愛に偽りはなく、新玉ねぎ満喫を続行中です。

 そして、新玉ねぎの次は、そう、新じゃが!

 じゃが芋は“新”が似合う野菜のトップ3に入ると思います。

 と、書いてから、ん?

 “新”のつく野菜って他に何があるかしら? キャベツは“春”だし、なすは“秋”だし……。

 hanaランチをもぐもぐ中の夫さんに質問してみると「何だろうな? 新、がつくのは、保存がきいて一年中食えるものだろう」

 ナルホド……と考えてみても、他になかなか思いつきません。玉ねぎもじゃが芋も、保存がきく貴重な野菜なのですね。

我が家でも栽培中です

 今年は我が夫農園にも、じゃが芋が葉を茂らせているんですよ!

今はこんな感じです
今はこんな感じです

 種芋はお店で購入したものではなく、わたしが目を離した隙に芽が出てしまった、スーパーで購入したじゃが芋です(笑)

 じゃが芋ってすごいですね~!

 ハッと気づくとにょっきりと芽が出て、小さな葉っぱまでつていて、水も土もないのに。自分の持っている養分だけで育つ気満々ですものね!

 ちょっと芽が出たくらいでしたら丁寧に芽を取り除き、料理してしまうところですが、あまりの育ちっぷりに種芋になってもらった次第です。

 同じ芋でも、さつまいもは芋つる(茂った葉)を植えて育てると、嫁いできてから知りました。義母が畑に植えているのを見て、こんなんであの大きな芋ができるんだ! とびっくりしたものです。

 じゃが芋の場合、種芋を植えて育てることは小学生の頃に理科の授業で知りました。切り分けた種芋を、班ごとにいくつか与えられ、ぞろぞろと列を作って学校の畑に植えに行ったのを覚えています。

 じゃが芋が芽を出し、葉をつけ花をつけ、成長していく様子を絵に描き、色を塗り、成長記録をまとめました。最後は芋を掘り、葉や根や芋の様子、どれだけ採れたかなども記録したように思います。

 五百円玉くらいの小さな芋を、キャーキャー騒ぎながら掘り集め、そのうちいくつかの芋をちょっとした実験に使ったような記憶も。

 残ったたくさんの小芋たちはどうしたかというと、なんと、用務員さんが茹でてくださって、理科室でみんなで食べました。掘りたて茹でたての小さな新じゃがに塩をふって食べたのですが、それはそれは美味しかったことをよく覚えています。

 田舎の小さな小学校でしたので、そのようなおおらかな対応ができたのでしょうね!

 息子と娘がお世話になった幼稚園にも広い畑がありました。春はじゃが芋、秋はさつまいもを育ててくださり、子どもたちは年に2回、芋掘りを経験させていただきました。

 園長先生のお手入れが良かったのでしょう、毎年時期になると、立派に育ったお芋たちをたくさんお土産にいただいて来ました。

 子どもたちの芋掘り話を聞き、お芋をどうやって食べようか考えて、今日はコロッケ、明日はサラダと、美味しい時間をたくさん過ごしたものです。

  • 1
  • 2

hanaさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ