液体塩こうじで時短レシピ

印刷用を表示
2018/06/07 16:00

液体塩こうじを使ったレシピをご紹介します。火を使わないので、暑い季節にも良いかもしれません。

 忙しい平日には、おいしいごはんをササッと作りたいものです。そこで今日は、火を使わない時短レシピをご紹介します。

 鍵になるのは液体塩こうじ。

 米こうじと塩を熟成させた塩こうじを搾った液体タイプは、生きた酵素の力と上品なこうじの旨味が、そのまま残っています。

 浸透力の速さを活かせば、混ぜるだけなのに、素材の旨みをしっかり感じられるお料理のできあがりです。

 では、早速見ていきましょう。

タコとパプリカのマリネ

材料
茹でだこ 100g/パプリカ(赤、黄)各2分の1個/キュウリ 2分の1本
☆液体塩こうじ・オリーブオイル・レモン汁 各大さじ1

【1】キュウリは縦半分に切りスプーンで種を取り除く。茹でだこ、パプリカ、キュウリは1㎝の角切りにする。

【2】ボウルに調味料(☆)を合わせる

【3】全ての材料を混ぜ合わせたら、冷蔵庫に入れ味をなじませて完成

お好みでバジルやオレガノなどのハーブを加えると、おもてなしの一品にもなりますよ。

鯵のなめろう

材料(2人分)
鯵(刺身用におろしたもの) 160g(約2尾分)/細ネギ(長ネギでもOK) 10g/生姜 5g/液体塩こうじ 小さじ1/みそ 小さじ1/大葉 2枚

 【1】鯵は小骨が残っている場合は取り、細切りにしてから粗みじんに切る。

 【2】細ネギは小口切、生姜はみじん切りにする。

 【3】【1】【2】と、みそをまな板の上で合わせ、みそを全体になじませるように包丁でたたいていく。

 【4】みそがなじんだら、液体塩こうじを降りかけてさらにたたく。

 【5】全体が混ざったら、器に大葉を敷いて盛り付ける。

 お好みで、ミョウガや大葉のみじん切りを加えても◎。液体塩こうじを加えることで、まろやかな味わいに仕上がります。30分ほど冷蔵庫で寝かせると、よりしっとりとまろやかな味わいに。

ピーマンとツナのレンジ惣菜

材料
ピーマン 4個(150g)/ツナ 2分の1缶/ごま油 小さじ1/液体塩こうじ 小さじ1/こしょう 適量

 【1】ピーマンは種を取り、縦細切りにする。

 【2】切ったピーマンを耐熱皿に乗せ、ラップをしてレンジ(600w)で約2分加熱する。

 【3】ボウルにピーマンを入れ、軽く油を切ったツナ、ごま油、液体塩こうじ、こしょうを混ぜ合わせて完成。

人参のナムル

材料
ニンジン 1本(150g)/ごま油 大さじ1/液体塩こうじ 小さじ2/ニンニク(すりおろし)3分の1片分/いりごま 小さじ1

 【1】ニンジンは長さ5㎝の千切りにする。

 【2】切ったニンジンを耐熱皿に乗せラップをしてレンジ(600w)で約2分加熱する。

 【3】ボウルにニンジンを入れ、ごま油、液体塩こうじ、ニンニク、いりごまを混ぜ合わせて完成。

関連リンク

これもおすすめ