PR

玄米、トマト、豆は食べてはいけない!?

印刷用を表示
2018/06/20 00:00

今までの健康常識を覆す、アメリカで大ヒット中の本『食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法』(翔泳社)がついに刊行になりました。豆腐や玄米、トマトなどに含まれる物質を排除した新しいダイエット法をご紹介します。

アメリカで話題! 今までの常識を覆す健康本

 昨年アメリカで発売後大ブレークし、2018年6月19日現在でも USアマゾン の総合3位にランキングされ、話題のダイエット・健康本が日本でも刊行となりました。

『食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法』(翔泳社刊行/1,800円+税)

『食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法』(翔泳社刊行/1,800円+税)

 『食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法』で、この本の著者が提唱するのは、「レクチンフリー・ダイエット」というものです。

著者のスティーブン・R・ガンドリー氏は医学博士でヒト微生物叢(そう)と腸との関わりの世界的権威。
著者のスティーブン・R・ガンドリー氏は医学博士でヒト微生物叢(そう)と腸との関わりの世界的権威。

 「グルテンフリー・ダイエット」はテニス選手のジョコビッチが実践して話題になりましたね。これは、小麦製品などに含まれるグルテンを避けることでダイエットを目指す食事法です。日本でも取り組んでいる人が増え、コンビニやスーパーでも、米粉のパンケーキや小麦の外皮を使ったブラン(ふすま)パンが買えたりするなど、グルテンフリーは人気です。

 しかし、今回ご紹介するのは、「グルテン」ではなく「レクチン」を避ける食事法です。

グルテンフリーで痩せない方へ、本当の毒は「レクチン」だった!?

 植物はヒトや昆虫、動物から身を守り、子孫を残すために「レクチン」という、捕食者の毒となるタンパク質を作り出してきました。その歴史は長く、100年以上前に発見されています。

 実はグルテンは、数千種類もあるレクチンの一部です。

 グルテンだけを排除しても、レクチンを排除しなければダイエットや健康効果が上がらないのは当然のことなのです。

 レクチンは、穀物や豆類、ナス科やカボチャ類の野菜などに含まれています。

豆類にもレクチンが含まれる
豆類にもレクチンが含まれる
トマトにもレクチンがたっぷり
トマトにもレクチンがたっぷり

 また、それら大豆やトウモロコシを飼料として与えられた家畜の肉や、その牛乳、卵、養殖魚などにもレクチンは含まれるとされています。

体重増加、がん、糖尿病の原因にもレクチンがかかわっている?!

 レクチンの多い食べ物を摂ると、胃や腸管の粘膜からレクチンが私たちのからだに入り込みます。

 そして、免疫機構を活性化させ、活性化されたリンパ球は各臓器に浸透して、腸管や、脳、関節、唾液腺、皮膚、血管などの臓器が炎症を起こすとされています。

 これらの慢性炎症は、体重増加やがん、糖尿病、自己免疫疾患などの発症基盤になると、著者のガンドリー医学博士は説いています。

レクチンを避けると、どんな効果があるの?

 私たちの腸内細菌は、レクチンによって日々大きなダメージを受けています。このダメージを取り除いてあげれば、腸内の善玉菌の割合が高まり、消化と栄養吸収が良くなるばかりか、腸内粘膜を育む細菌の成長を促すことにもなります。つまり、腸内環境が改善されるということです。

 腸内粘膜が厚くなるほど、突破できるレクチンは減り、本来私たちのからだに備わっている免疫機能が回復して、レクチンが引き起こす体重増加や病気の問題も解消するということです。

レクチンたっぷりの「食べてはいけない食品」

 玄米、パン、パスタ、蕎麦、シリアル、ジャガイモ、砂糖、豆類全般(もやしのようなスプラウトもダメ)、豆腐、枝豆、ピーナツ、カシューナッツ(ナッツではない)、チアシード、トマト、ナス、キュウリ、カボチャ、メロン、トウモロコシ、ローカロリー飲料

腸内環境をよくする「食べて良い食品」

 アボカド、ナッツ全般、栗、ココナッツ(ミルクやクリームもOK)、オリーブ、ダークチョコレート、海藻類、キノコ類、アブラナ科の野菜類(ブロッコリー、白菜、キャベツなど)、オクラ、玉ねぎ、葉菜類、サツマイモ、サトイモ、こんにゃく、柿、味噌、キムチ

 『食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法』(翔泳社刊行/1,800円+税)では、レクチンフリー食の根拠となる、植物がレクチンをあみ出すにいたった経緯をやさしく解説しています。また、「レクチンフリー・ダイエット」の実践も詳細に紹介しています。

これもおすすめ