森永アロエヨーグルトとカフェがコラボ

印刷用を表示
2018/06/20 16:00

ロングセラー「森永アロエヨーグルト」と、表参道の人気カフェとのコラボ企画が行われるそうです。  

 気温が上がったり下がったり、すっきりしない梅雨の日が続きますが、もうすぐ7月。健康管理に気をつけて、夏を楽しくすごしたいですね。

 ヘルシーなアロエとヨーグルト、という組み合わせで人気のロングセラー、「森永アロエヨーグルト」と、カフェとのコラボ企画が行われるそうです。

 森永乳業は、7月4日(水)~7月17日(火)の期間限定で、表参道のカフェレストラン5店舗とコラボレーション。「森永アロエヨーグルト」を使用した“クーリングスイーツ”を提供する「美涼の夏 Cool Sweets, Hot Omotesando」を実施します。 

 古来より薬としても珍重され、万能フードとして知られる「アロエ」は、水分含有率が約95%であり、夏にぴったりの心と体を潤すヘルシーなクーリングフードのひとつと言われています。

 
アロエの“みずみずしい食感”とヨーグルトの“爽やかな味わい”が特長の「森永アロエヨーグルト」を使った、ヘルシー且つフォトジェニックな”クーリングスイーツ”。暑い夏の日にこそ、美味しくいただけそうですね。
 

表参道 リバーカフェ『大人の抹茶のアロエヨーグルト大福 黒蜜ゼリー添え』

女性スタッフたちからアイデアを募った和スイーツ。抹茶とアロエヨーグルトをムース状にしたアイスクリームを求肥で包み、丸く可愛らしい見た目に。黒蜜ゼリーと一緒に食べれば、ヨーグルトの酸味と和の風味のハーモニーが楽しめる。価格:620円(税抜)

表参道 リバーカフェ
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
住所:東京都港区北青山3-5-43 表参道ラボ 1F
定休日:無休

bio ojiyan cafe 原宿本店 『七穀米とあずきのタピオカアロエヨーグルトパフェ』

 「お米」を使った新感覚ヘルシーデザート。七穀米、あずき、タピオカ、チアシード、白玉、パイナップル、ソフトクリーム、最中、そしてアロエヨーグルトが絶妙にマッチ。さまざな食感が楽しめ、ヘルシーながら食べ応えも十分。価格:980円(税抜)

bio ojiyan cafe 原宿本店
営業時間:12:00~20:00
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-28 矢内ビル1F
定休日:不定休

ZipZap 『原宿アロエヨーグルトソーダ』

 流行中の“わたあめソーダ”を、アロエヨーグルトでアレンジしたメニュー。爽やかなアロエヨーグルト、シャリシャリとしたフローズンヨーグルト、弾けるメロンソーダ、フワフワな綿あめの食感が混ざり合うクーリング・スイーツドリンク。 カラフルな見た目も鮮やかで、インスタ映えも。価格:694円(税抜)

 <ZipZap
 営業時間:11:30~23:00
 住所:東京都渋谷区神宮前6-9-11 堺ビル 1F
 定休日:無休

SUZU CAFE jingumae 『アロエヨーグルトと苺、マンゴーのレイヤーヴェリーヌ』

 夏らしく見た目が華やかなレイヤードパフェ。アロエヨーグルトをムースとゼリーに仕立て、苺とマンゴーのコンポートとともに三層に盛り付け。爽やかなフルーツの味わいと、アロエヨーグルトの滑らかな食感が楽しめるクールスイーツ。価格:780円(税抜)

 <SUZU CAFE jingumae
 営業時間:11:00~23:30
 住所:東京都渋谷区神宮前5-27-7 アルボーレ神宮前 3F
 定休日:無休

表参道 Bacchus 『ビーツとアボカドのスイーツカクテル~大粒アロエヨーグルトソース』

 ヨーグルトの爽やかな風味を生かすため、旬のビーツをじっくり蒸し焼きにして甘さを引き出し、トマトの酸味、アボカドの濃厚な風味とのコラボレーションを楽しめるスイーツサラダ。アロエの食感がより楽しめる、大粒アロエヨーグルトを使用した別添えのソースをかけて。価格:850円(税抜)

 <表参道 Bacchus
 営業時間:[月~金]11:30~15:30 [月~木]17:00~23:30
     [金]17:00~0:00 [土・日・祝]11:00~23:00
 住所:東京都港区北青山3-8-12
 定休日:無休

森永アロエヨーグルト

1994年発売のロングセラーブランド。“カラダの変化が気になる人にアロエの機能性とおいしさを提供する”というブランドコンセプトのもと、アロエの“みずみずしい食感”とヨーグルトの“爽やかな味わい”をお届けしています。

関連リンク

これもおすすめ