梅雨が明ければ、暑い夏がやってきます。一枚でサラッと着られるワンピースが気持ち良い季節ですね。でも、夏だからこそ気をつけなければならないこともあります。夏のワンピースのいろいろをayakoさんにお聞きしました。

夏に楽しむワンピース

 こんにちは。普段は「心を楽に、シンプルライフ」というブログを書いているayakoと申します。

 ワンピースで暮らし始めて7年ほどになりました。

 簡単コーデの毎日で、「ここぞ」という時にも着ていく服に困りません。ワンピースのシンプルコーデに助けられている毎日です。

 着ていく服に困らないのは、ワンピースが1枚で様になるからなんですよね。特に夏は本当に1枚さっと着るだけで本当に楽です。

 とはいえ夏は、外は暑いけれど中は寒い! なので、冷えない対策が必要ですよね。そして、紫外線対策も必須。

 そこで今回は、ワンピースを楽しみながら夏にしている対策についてお話ししていこうと思います!

夏は3つの対策をして、ワンピース暮らしを楽しむ

その1:ほんの一手間で首周りの変色防止

 以前は、忙しい時は脱いだワンピースをそのまま洗濯機へポン! としておりました。その時は楽ですが、あとあと首回りが変色してしまったりして。

 この変色って、一度起きると戻らないんですよね(泣)

 夫によると、汗の成分を栄養にして増えた雑菌のせいらしいです(こわい)。

 そこで今は、気になる首回りだけを洗濯前に洗うことにしました。といっても、特別な洗剤を使うわけではないんです。

 ただの固形石けんで、ささっともみ洗いしておしまい。

 これだけで変色したりすることはなくなりました! 効果絶大ですね!

その2:クーラー冷え対策

 先日、電車に1時間ほど乗っていたら、すっかり冷え冷えになってしまいました。

 電車に乗ったはじめのうちは涼しくて快適だけれど。だんだん、じわじわと冷房が効いてきて……!! 気がつくとものすごく寒い! 冷えきってる! ブルブルしました。

 場所にもよりますが、電車や店内の冷房はしばらくいると効いてきますよね。なので、さっと羽織れるコットンのストールを持ち歩くようにしています。

 とても薄いストールですが、あるのとないのでは全然違います! 冷えは女性の大敵なので、夏もあったか小物は大切ですね。

 また、ストールは強烈な紫外線のもとでも役立ちます。さっと羽織って腕が焼けるのを防ぐことができます。

 以前、夏に南仏に行った時のこと。地面からの照り返しが本当にすごかったです。そういう時は、ストールなどを羽織った方が楽になれるんですよね。農作業をする方が長袖を着るようなイメージでしょうか。

 ですので、ものすごい炎天下ではストールもお役立ちです!

 ちなみに、夏のストールはブルーとピンクの2枚を持っています。

 ブルーのストールはミナペルホネンのもの。ミナペルホネンは刺繍入りのテキスタイルが魅力的なブランドです。こちらも白い刺繍のような模様がすごくかわいくて。7年ぶりにストールを買い足しました。

 ピンクのストールは奈良にある、くるみの木で購入したもの。

 何年たっても発色の良いピンクにときめきます。

 ストールは、ワンピースやバッグによって使い分けしております。シンプルライフを目指しているとはいえ、全てをミニマルにしすぎず、選ぶ余地も楽しみたいと思っています。

その3:紫外線対策

 夏の紫外線対策は、大人なら必須ですね! 何も気にしていなかった小学生時代がなつかしいです。(笑)

 夏は天然素材の帽子と日傘が欠かせません。

 どちらも甘すぎないデザインのものを選んでいます。

 ワンピースの多くは着るだけでやや甘めのスタイルになると感じるので、キュッと引き締めてくれるような小物がピタリときます。

 日傘と帽子はそれぞれ1つずつしか持っていないので、何にでも合わせやすいアイテムを選ぶようにしました。

 複数のアイテムを持って、選ぶのも楽しいのですが、選ばないラクさがすごく嬉しいこともあります(さっきのストールのところで書いていることと矛盾しますが、でもこれって真実ですよね 笑)。

 ワンピースは数を持っていますが、日傘は1本。数もメリハリを持たせると、洋服が着やすく、選びやすくなります。

  • 1
  • 2

ayakoteramotoさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ